« 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』ネタバレ | トップページ

2018.03.03

『映画ドラえもん のび太の宝島』感想(ネタバレ)

小説未読で鑑賞。

 まず残念だったのがOPに「夢をかなえてドラえもん」がなかったこと。やはりあれはお約束としてないと。序盤ずっと乗れなかった。
 作画に関して。動きは慣れたが時々のび太の足が長すぎるように感じた。
 美術は橋の下の照り返しが印象に残った。
 キャプテンハットは終盤使われるだろうと思っていたが、ジャイアンが使うのは予想外。
 セーラがしずかにパンケーキを出すシーン、飲み物がなかったのが気になる。回想の母親との食事シーンでは飲み物があったので一安心。
 しずかの蛍光クラゲにのび太が気づいていたが、あれを持っているのをのび太が知っていたか見落としてしまった。
 音楽、セーラがしずかを宝物庫に連れて行くときの音楽が特に気に入った。買う予定はなかったがサントラ購入。
 ゲスト声優陣は及第点。
 脚本、ジョンが見た未来のイメージは『T・Pぼん』の未来回と重なる。
 地球絶望の未来を人知れず知ってしまい、それから逃れるために地球から脱出する船が必要という流れ、個人的には『闘士ゴーディアン』主人公ダイゴの父、大滝京太郎博士を思い浮かべながら見ていた。
 星野源の2曲も良かった。
次回予告、他の人も指摘していたが「異説メンバーズクラブバッジ」が元ネタのオリジナル作品だろうか。
 

|

« 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』ネタバレ | トップページ

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/66456992

この記事へのトラックバック一覧です: 『映画ドラえもん のび太の宝島』感想(ネタバレ):

« 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』ネタバレ | トップページ