« 「ハレクイネイド」観劇 | トップページ | 第三次スパロボZ時獄篇を始めたわけだが(ネタバレ)その1 »

2014.03.09

映画『ドラえもん 新・のび太の大魔境』感想(ネタバレ)

 今年は気がついたら日劇の舞台挨拶が締め切られていた。お陰で地元の映画館で鑑賞。
 オリジナル版はテレビ放送されたものをカセットテープに録音し、繰り返し聞いていたし、ノベライズを作ろうとして挫折した経験もある。私にとって思い出深い作品だ。それだけに期待していたのだが、満足な出来だった。

以下箇条書きネタバレ

・OPムービーがこのままTV版に使って欲しいくらいの出来。
・今年は小道具としての魚肉ソーセージがうまく使われていた。
・どこでもドアの処理方法が現代化してたのには笑った。50センチ以下でないと持ち込み料金取られるからか。
・個人的にはチッポをもっと取り上げて欲しいと思っていたので、今回の描写には満足。
・ゲスト声優陣、小栗旬は本職と遜色ない。ダブランダーの部下のでこぼこコンビもまあなんとか。しかしスピアナ姫は残念。
・主題歌も挿入歌も良かった。ジャイアン(木村昴)があんなにうまいとは思わなかった。嬉しい誤算。
・しずかちゃんもスーパーてぶくろを使うシーンや、お風呂のシーンなど魅力的に描かれていた。
・ラストのしずかの台詞にぐっと来た。
・次回はオリジナルかな?

|

« 「ハレクイネイド」観劇 | トップページ | 第三次スパロボZ時獄篇を始めたわけだが(ネタバレ)その1 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/59260309

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ドラえもん 新・のび太の大魔境』感想(ネタバレ):

« 「ハレクイネイド」観劇 | トップページ | 第三次スパロボZ時獄篇を始めたわけだが(ネタバレ)その1 »