« リニューアル後の藤子・F・不二雄ミュージアム訪問 | トップページ | 映画クレしん2013鑑賞(ネタバレ) »

2013.03.09

「のび太のひみつ道具博物館」はパーマニア必見!(ネタバレ)

 例年通り、映画ドラの初日舞台挨拶に行ってきた。
 今回は観客に秘密道具の絵の描かれたシートが配られ、写真撮影で掲げた。ちなみに私はタケコプター。
 その後、出口でいずるさん達に出会い、アフタートークがいつものメンバーより多くなった。特に盛り上がったのが、「愛しり」最終話がどうなるかの予想とインドハットリの話。もちろん映画の話も盛り上がったが、今回は皆満足という様子だった。
 是非とも大ヒットして、去年の興行収入を超えて欲しいものだ。

 ここからネタバレ

 今回のストーリーは、TVスペシャルでよくやっている22世紀の世界を絡めた話の延長線上という感じで、安心して観ていられた。根っからの悪人がいない話というのも好感大。オチについては途中で予想できたものの、他のブラフや複線もきれいに回収しているというのは、アフタートークでも好評だった。ただ、「暴走する疑似太陽を封じ込めているのは原発のオマージュでは」という感想があり、確かにそうとも受け取られかねないなとは思った。
 個人的には、ハルトマン博士とペプラー博士の関係に両藤子先生をついダブらせてしまった。優劣の差というよりは、片方は亡くなってて、回想シーンでも非常に仲よさそうだったので。
 声優陣も手堅くて安心。ツイートで千葉繁が出てるのは分かったので楽しみにしていたが、ペプラー博士は「X-MEN」のビーストを思い出す演技で、いい年の取り方をしているなと思った。ヒロイン枠のジンジャーも利発で世話焼き屋と言う設定でお気に入り。マスタード警部こと松平健は最後近くに違和感を感じたくらいで、普通にうまかった。
 主題歌「未来のミュージアム」も劇中の雰囲気に非常に合っていた。千秋の挿入歌は「どこで流れたっけ」という感じ。
 そして何よりも、今作には『パーマン』のオマージュネタがたくさんあるのが見所。ドラ本編でも道具として登場し、今作でも重要な役割を果たすコピーロボット。博物館のモブでパーマンセット、のび太の部屋の漫画に「Pマン(ピーマンのヒーロー)」、ペプラー博士のキャラクターモデルはどう見ても魔土災炎だし、とどめにスネ夫が乗るのがバードマンの円盤(デザインは原作版)!これには劇場で心臓が止まるかと思った。
 不満らしい不満と言えば、パンフレットに千葉繁のインタビューがなかったこと。藤子アニメにも縁の深い声優だし、当然載せるべきかと。

 そして、来年の作品がマイフェイバリットのあれか。楽しみだけどすごい不安。


|

« リニューアル後の藤子・F・不二雄ミュージアム訪問 | トップページ | 映画クレしん2013鑑賞(ネタバレ) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/56921413

この記事へのトラックバック一覧です: 「のび太のひみつ道具博物館」はパーマニア必見!(ネタバレ):

« リニューアル後の藤子・F・不二雄ミュージアム訪問 | トップページ | 映画クレしん2013鑑賞(ネタバレ) »