« 「おおかみこどもの雨と雪」鑑賞 | トップページ | 一番くじ藤子・F・不二雄キャラクターズ出陣記 »

2012.07.29

「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」解説

 DVDで「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」を見て、他の人の感想が気になったので調べていたら、この話が「ドラえもん」の最終回デマと関連づけて語られているサイトをいくつか見つけた。

ドラえもんの最終回 - Wikipedia
丸出だめ夫の最終回ですが、ロボット(ボロット)が故障してだめ夫の涙でボロット... - Yahoo!知恵袋
ドラえもん最終回(植物人間編)

 そこで正しい判断をしてもらうため、「さよなら僕のボロット」のあらすじを記しておく。

 最近調子が悪いボロット。だめ夫の父で制作者のはげ照博士は、ボロットを精密検査に見せたところ、金属疲労で一週間後には壊れてしまうと言われてしまう。はげ照は結果を隠そうとするが、ボロットは知ってしまい、自分に何が出来るか悩む。そんな時、だめ夫が逆上がりができなくて笑われているところを見、だめ夫に逆上がりをさせようと決意する。
 はげ照はボロットを直そうと研究室にこもって研究するが、うまくいかない。
 だめ夫は体育で逆上がりのテストをすると言われボロットと特訓するがうまくいかず、つい「何をやってもためなんだからもういいよ」とボロットに言ってしまう。それを聞いたボロットはだめ夫を平手打ちし、「その態度がだめなんだ」と諭す。だめ夫はそのまま走り去るが、思い直して一人で特訓する。ボロットは最後の力を振り絞って蹴り上げ用の踏みきり台を作り、二人は協力して特訓する。その甲斐あって見事逆上がりテストは合格。しかし、ボロットは置き手紙を残して家出していた。置き手紙の内容はだめ夫や皆に感謝する内容で、真相を父から聞かされただめ夫はボロットを探しにいく。だが、ボロットを見つけた時には手遅れで、皆に見守られて息を引き取る。ボロットにすがりついて大泣きするだめ夫。その涙で金属がコーティングされたようになり、ボロットは復活する。
 なお、話はそのままエンドロールではなく、丸出一家の夕食風景を見ながら「ボロットさん、ありがとう」とだめ夫の母の遺影が語りかけるというエンディング。

 ちなみにこのアニメの放送日は1992/9/26である。
 

|

« 「おおかみこどもの雨と雪」鑑賞 | トップページ | 一番くじ藤子・F・不二雄キャラクターズ出陣記 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/55304711

この記事へのトラックバック一覧です: 「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」解説:

« 「おおかみこどもの雨と雪」鑑賞 | トップページ | 一番くじ藤子・F・不二雄キャラクターズ出陣記 »