« 歌謡ドラマ「粉雪のキャッチボール」 | トップページ | 『パーマン』6巻と『こだわり人物伝』テキスト感想 »

2010.03.22

Twitterも所詮ネットの一部なのだと思わされた出来事。

Twitterここ数日 - 安寧と怠惰
 私は昨日行方不明のお知らせのRTを見たのだが、見た時点である程度時間が経っており、警察や新聞にも連絡したという内容なのに、Yahoo!の記事にも載ってなかったので、スパムかもしれないと思ってRTしなかった。
  それでも気になって、フォロー記事がないかと調べていたところ、上記のブログ記事に突き当たり、ようやく流れを理解できた。Twitterの書籍を読んだ印象では、他のネットメディアよりは「大人」な人たちが多い世界なのかと思っていたが、個人情報を晒したり、「祭り」状態になるのは他のネットメディアと変わらないのだ。これからも気を引き締めなければ。

|

« 歌謡ドラマ「粉雪のキャッチボール」 | トップページ | 『パーマン』6巻と『こだわり人物伝』テキスト感想 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

ツイッターに限らず、ネット上にあふれる根無しの情報の真偽をどこまで信じていいものか判断が年々難しくなるなと感じています。

ところでツイッターでradikoの話題がありましたが、関西では大阪局のラジオが配信されているそうです。ただその中に関西ラジオは入っていませんでした。エリア限定でなく、どの地域にいても好きな地域のラジオ放送が聞けるようになったら革命的でしょうね!

投稿: いずる | 2010.03.22 01:03

radikoについては、ラジメニアの放送内でもパーソナリティが触れていました。お便りコーナーの一部は現在でも公開されているので、リクエストパートをどうするかが問題なのでしょうか。
 遠方の局を聞いてベリカードを集めるというのも、これからは昔話になるんでしょうか。

投稿: 大田康湖 | 2010.03.22 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/47872939

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterも所詮ネットの一部なのだと思わされた出来事。:

« 歌謡ドラマ「粉雪のキャッチボール」 | トップページ | 『パーマン』6巻と『こだわり人物伝』テキスト感想 »