« 歌謡ドラマ「リリー・マルレーン」 | トップページ | 「ウエスタンパブ ロバートハウス」開店 »

2010.01.26

『パーマン』5巻感想

 今日コンビニへ行ったら、『パーマン』併録のマイファーストビッグ「『ドラえもん』スターに会える!なれちゃう!!編」を発見。奥付によると12月に発売していたので、完全な見落としだ。「パーマンやめたい」が入っているのだが、どうせならスミレが出る回を入れれば良かったのに。「めだちライトで人気者」が入っている意味がない。

 というわけで、『パーマン』5巻感想をば。
 今回の未読は「ウラトルPをみたい」のみ。ミッちゃん家にカラーテレビが来たり、コピーがこの頃から自我を持っていたり、ヤキモチ焼きの2号がいい感じ。「チョモランマ決死行」が「エベレスト決死行」に直ってたり、とりあえず「くるわせ屋」も入っていて一安心。
 「それゆけ!!郵便番号」は、郵便局員役の法善が予想外。
 解説の島本和彦は、プロならではの分析がある上に、ファンとしての情熱も感じられる名文。

|

« 歌謡ドラマ「リリー・マルレーン」 | トップページ | 「ウエスタンパブ ロバートハウス」開店 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

島本先生のブログでも紹介されていましたので、参考までに。
http://simamotoblog.zenryokutei.com/?eid=1055893

投稿: おっけっ!! | 2010.02.21 01:19

 情報ありがとうございます。インタビュー形式で行われていたというのは気付きませんでした。

投稿: 大田康湖 | 2010.02.21 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/47398567

この記事へのトラックバック一覧です: 『パーマン』5巻感想:

« 歌謡ドラマ「リリー・マルレーン」 | トップページ | 「ウエスタンパブ ロバートハウス」開店 »