« 「フレディ」9/6前売り開始 | トップページ | 『スパロボZ』のPVを見る »

2008.09.02

「港シャンソン」

 バレエ講師のカオルの所に届いた手紙は、レストラン「ザールランド」の開店案内だった。差出人は、カオルが若い頃、パントマイムの手伝いをしていた星宮ショウイチ。星宮は突然欧州に修行に行ってしまい、それ以来の再会だった。星宮は欧州でのマイム生活から店を開くために戻ってきたのだ。
 サーカスの思い出など、「フレディ」に通じるネタがありニヤニヤ。
 今回の音源はSPレコード。ちりちり音についてうんちくを語る安原さん。回想シーンの若者声、サーカス団長役も聞き所。
 人生の第二ステージに思いを馳せる安原さん。安原さんにはまだまだ舞台という第一ステージで頑張って欲しいと思った。

|

« 「フレディ」9/6前売り開始 | トップページ | 『スパロボZ』のPVを見る »

「安原義人」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/42361672

この記事へのトラックバック一覧です: 「港シャンソン」:

« 「フレディ」9/6前売り開始 | トップページ | 『スパロボZ』のPVを見る »