« 「のび太に恋した精霊」 | トップページ | 歌謡ドラマ注意報 »

2008.03.03

歌謡ドラマ「ロージン」

 「ロージン」なんて歌、聞いたことないな、と思っていたのだが、それもそのはず。今回の「ロージン」は歌のタイトルではなく、東直子の短編集「とりつくしま」の1タイトルだった。
 亡くなった後もこの世に未練を残した人のために、身近な人の側の物体に魂をとりつかせてくれるのが、安原さん演じる「とりつくしま係」なのだ。出番は前半だけだが、バードマンを彷彿とさせる声で大満足。最後の高笑もインパクト大だった。
 今回の依頼者は主婦。この世に残してきた息子の姿を見たいと、軟式野球試合のロージンに取り付く。いい話だったので、あえて結末は書かない。
 今回は、ガヤキャストに放送学校生を使うなど、色々と型破りな回だった。
 ちなみに、使用曲は井上陽水の「口笛」。また陽水だ。

|

« 「のび太に恋した精霊」 | トップページ | 歌謡ドラマ注意報 »

「安原義人」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/40361214

この記事へのトラックバック一覧です: 歌謡ドラマ「ロージン」:

« 「のび太に恋した精霊」 | トップページ | 歌謡ドラマ注意報 »