« 桶谷顕氏死去 | トップページ | 「タンポポのコーヒー」の意味 »

2007.06.27

追悼、桶谷顕氏

 『ボクがもらった幸せ』を読んでいたので、今回の訃報は突然のことではなかった。そのため、やや冷静に受け止めることができた。
 『ボクがもらった幸せ』を読んだ時、氏がいずれ来る死を受け止めようとしている様子が伝わってきて、その強さに押しつぶされそうになった。ネットに広がる追悼の声を見る度、氏の影響力の大きさを痛感する。

 私と氏の出会いは『アニメージュ』1985年5月号。当時の『アニメージュ』には、放送予定表とともに、各番組のスタッフがコラムを寄せていた。今までのコラム担当者は主にプロデューサーだったのだが、『パーマン』が『藤子不二雄ワイド』に移動になったと同時に担当を引き継いだのだ。
 のっけから「正義とはなにか!?」というタイトルで始まったコラムは、今までの事務連絡的内容とは明らかに違っていた。7月号では、自作の「空の飛び方教えます」について語っている。想像力が乏しくて、「夢」の中でも自由に飛べない人のために本作を書いたという。
 同時期に『マイアニメ』でも同じようなコーナーコラムを担当しているが、こちらは放送予定作品の内容紹介メインである。
 本編が再放送になってからもコラムは続く。特に、85年11月号から始まった「『パーマン』脚本家列伝」(命名大田)シリーズは、文芸担当ならではの企画で、毎回読むのが楽しみだった。
 87年4月号では、ついに始まる『エスパー魔美』の興奮冷めやらぬ中、『パーマン』の再放送が一本になってしまったことを詫びている。
「しかし、本来なら『パーマン』は打ち切りになっていたかもしれないのである。恐ろしいことだ。なんとか残れたのは、ファンの方々の熱い支援のおかげだ、と文芸は考えている。そして、文芸はこよなく『パーマン』を愛している。(中略)番組を生み、育てるのは、われわれとあなた方の力だ。」
 コラムは『パーマン』の予定表からコラム枠が消える87年7月号まで続いた。

 その後の氏の活躍は言うまでもない。私が毎週楽しんでいた『チンプイ』『21エモン』といった藤子アニメ以外にも、『こどものおもちゃ』『コメットさん☆』『キョロちゃん』『ぶぶチャチャ』等、数え切れない作品でお世話になっている。これからも、氏が携わった作品は新しい視聴者に引き継がれていくだろう。

 『パーマン』は永遠の古典だ。私が生きている間にもう一度くらい新キャストで見たい。その時にはぜひ桶谷氏に参加してもらいたい。と思っていたのが幻となってしまった。それが一番残念である。

PS 「星くず旅行社 鹿児島支店」の星菜さんが丁寧な追悼文を書かれていますので、ご紹介します。
桶谷顕(おけや あきら)さんへの手紙 その1

桶谷顕(おけや あきら)さんへの手紙 その2


|

« 桶谷顕氏死去 | トップページ | 「タンポポのコーヒー」の意味 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

コメント

 「アニメージュ」のコラムは、全部ではありませんが私も読んでいます。87年4月号は確かに印象的でした。
 手元に本誌がないので確認できませんでしたが、当時は「藤子不二雄ワイド」改編絡みで、「ハットリくん」担当の方も番組存続について書いていらしたように記憶しています。
 それにしても、新作のあった「ハットリ」はともかく、「パーマン」は再放送のみになっても放映リストが載って、しかもスタッフがコラムを書いていたのですから、いい時代でしたね。
 今度、実家に帰った時に桶谷氏のコラムを読み返してみます。

投稿: おおはた | 2007.06.29 23:38

 当時の『アニメージュ』は、『パオパオチャンネル』まで藤子アニメの再放送枠を載せてくれましたね。今となっては、スタッフ等を調べるのに貴重な資料となっています。私データにも抜けが多いので、いずれきちんと補完しなくてはと思っております。

投稿: 大田康湖 | 2007.06.30 01:02

初めまして。おおはた様。
桶谷さんのブログをめぐっていて、アニメージュのコラムのお話でしたのでおじゃまいたしました。

私も86年から87年のアニメージュを確認してみたのですが、桶谷さんの文章は、サービス精神にあふれて、そして熱いものでしたね。

なにせ、秋ごろの関島真頼氏への私信で、桶谷さんの名前を覚えた私は、このコラムへのこだわりが、ちょっとありまして・・・(苦笑)

そのうち、自分のブログで紹介いたします。

投稿: 星菜(ほしな) | 2007.07.02 08:48

初めまして。大田様。←(すみません!お名前を間違えまして、修正しました。)
桶谷さんのブログをめぐっていて、アニメージュのコラムのお話でしたのでおじゃまいたしました。

私も86年から87年のアニメージュを確認してみたのですが、桶谷さんの文章は、サービス精神にあふれて、そして熱いものでしたね。

なにせ、秋ごろの関島真頼氏への私信で、桶谷さんの名前を覚えた私は、このコラムへのこだわりが、ちょっとありまして・・・(苦笑)

そのうち、自分のブログで紹介いたします。

投稿: 星菜(ほしな) | 2007.07.02 08:50

 コメントありがとうございます。
 記事ができましたら、ぜひトラックバックしてください。

投稿: 大田康湖 | 2007.07.02 21:49

おじゃまします。
ブログの方は、1はできたのですが、2がエスパー魔美の予定の関係で、2が完成しだい、トラックバックいたします。

少し余裕ができたら、パーマン関係でも書いてみますね。

投稿: 星菜 | 2007.07.07 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/15571163

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼、桶谷顕氏:

« 桶谷顕氏死去 | トップページ | 「タンポポのコーヒー」の意味 »