« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.30

久々に更新報告

 まず、『チンプイ』DVD化、おめでとうございます。順番としては順当なので、いずれパーマンの番も回ってくると信じよう。

 さて、久々に「パーマニアの指定席」のストーリー解説を更新した。今回は特番と映画。ということで、本編は未見待ちの1話を含む残り4話になった。
 久々に『ハットリくん+パーマン』を見て懐かしかった。映画版ではパーマンバッジの目が、呼びだし時に回っていたことなど忘れていた。TV版は作画節約のため妥協したのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.28

今日のテレ朝チャンネル

 久しぶりにパーマン映画三本がまとめて放映されるので、未見の方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.25

「どこかで聞いた声」

『NEWジャングル』#18「どこかで聞いた声」
 パトロール中に美加と明石(安原)が遭遇した男は、一年前の子供誘拐未遂犯だった。顔を見られた男に狙われる美加は思いきって囮役を志願する。というのが表の話。この美加のサポート役として安原さんが大活躍する。
 この回は事前に情報を得ていたため、カセットテープに録音していた。そのため、映像を見るのは当時以来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.21

『ボクがもらった幸せ』おけやあきら

 編集長メモ で知った桶谷顕の詩集がアマゾンから届いた。
 正確に言うと、詩集の形を取った自叙伝である。
 『パーマン』の文芸・脚本の担当者として、氏の動向はいつも気になっていたが、闘病生活を送っていることを恥ずかしながら初めて知った。
 『パーマン』時代のエピソードを知りたいというのがこの本の購入動機だったが、それに関しては直接的に得られるものはなかった。
 しかし買って良かった。何とかしてアポを取って、直接聞きたいという気持ちが湧き上がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.04.15

『アニェス・ベラドンヌ』

 フランス演劇クレアシオン『アニェス・ベラドンヌ』シアターX(カイ)
 シアターXの名前はよく聞くが、行くのは初めてだ。両国はあちこちに相撲の街らしいオブジェがある。
 今回は、木村有里、安原義人の夫婦共演が見られるということで、非常に楽しみにしていた。
 以下ネタバレ

続きを読む "『アニェス・ベラドンヌ』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.08

『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』シナリオ

 『ケロロ軍曹』新EDは久々にいいアニソンを聞いたと思った。アニメも可愛らしい。

 アニメ『地球へ…』が始まった。HDで門倉の試合を録画するのでビデオでの視聴。
 原作は藤子作品と共に、私が子供時代に影響を受けたSF漫画である。今の子供たちに受け入れられるといいのだが。キャラデザは原作の雰囲気に近くて好感を持てるが、結城キャラらしさも主張している。
 『河童のクゥと夏休み』のCMが流れる。松竹のこういう気合は評価したい。『銀魂』でも流している。

 さて本題。
 『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』のシナリオを入手した。本作は渡辺歩脚本、構成富田祐弘とクレジットされているが、シナリオは公開された物とかなり違うと聞いており、気になっていた。
 確かに、これはかなり違う。パーマンと全悪連、魔土災炎、パパンダーの対決という基本ラインは一緒。以下列記。
・冒頭でよみうりランドとおぼしき場所の向かい側にみつ夫の町があることが描かれている。新百合ヶ丘がモデルというのを強く感じる。
・バードマンの出番は冒頭のみつ夫との出会いのみ。空き地ではなく、丘の上の木のうろになっている。シーンは原作一話に準拠。
・みつ夫の友人や学校パートがないため、みつ夫の劣等生というポジショニングがあまり感じられない。テストの点数くらいか。
・本作ではパー子の正体は視聴者にオープンにされている。
・追尾ミサイルつながりか、原作「パーマンいきうめ作戦」がストーリーに組み込まれている。
・コピーロボットを「疑似みつ夫」と表記。このあたり、旧作にタッチしていない富田祐弘臭さを感じる。
・スミレの映画での役は「美少女天使」。決め台詞がビックリマンの十字架天使にそっくり。これも富田祐弘か。
・魔土博士のお手伝いロボット、Pマンが出ている。本編では出ていない。

 見慣れた欲目もあるだろうが、やはり公開版(渡辺版)の方が好きだ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.01

USEN440の大改変

 帰宅して、いつも通りC27を着けたら、クレージーキャッツの「だまって俺についてこい」が流れてきた。……アニメチャンネルなのに?
 ネットで番組表を確認してみると、アニメチャンネルはC25に移動していた。それだけではなく、プログラムもいじられており、80年代以前のラインナップがなくなっていたのだ。新曲チェックに重宝していたが、懐かしアニソンがないアニメチャンネルなんて……。
 それから必死に探して、「K-08 懐かしのテレビ主題歌」がどうやら受け皿チャンネルになったことを知るが、ここは特集枠がない。
 ついでに見つけた「J-03 みんなだいすき♪キッズ・ソング 」ではドラえもん特集が。わさドラソング中心なので、まだ買ってない「ミニアルバム2」のチェックをできそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »