« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007.03.30

安原さん近々登場?

『歌謡ドラマ』にまた安原さんが出るようだ。キャストが豪華なのでスペシャル版だろうか。
CSR遊びのページ 社長のブログ&タレントのブログ さくらの季節に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.28

『NEWジャングル』#10「ショットガン」

『NEWジャングル』#10「ショットガン」

 安原さん演じるカメさんが撃たれる話なのだが、この話のメインは人質になった美加の救出作戦なので、予告でも映らない。なので、その場面を見たときにはうろたえた。
 ちなみに、私はこの回を高校の修学旅行先のホテルで見た。安原さんが目当てで見ているとOP画面を見ながら話すと、(あのおじさんが)という反応をされたのを覚えている。
 ちなみに、カメさんのケガはたいしたことはなく、次回には何事もなく復帰している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.23

安原さんから『アニェス・ベラドンヌ』のDM

 遅まきながら、安原さんからのDMで知った新作舞台。『オウムとニワトリ』以来の夫婦共演である。今から楽しみだ。詳しくは公式サイトで。
『アニェス・ベラドンヌ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

「このアニメがすごい!2007」

 「このアニメがすごい!2007」を購入。『のび太の恐竜2007』については、南雲長門が一押しとして挙げた他、吉浦康裕が三位、あさりよしとおが長文の中で触れている。個人的には多根清史が相変わらず『徹之進』をプッシュしていたのが嬉しかった。
 意外なのは、『銀魂』について語っているのがやはり多根清史くらいしかいなかったこと。時間移動後の鍋の回あたりは、2006年アニメ史に残しておくべきだと思うのだが。
 さらに、『カブトボーグ』をプッシュしていたのも多根清史だけだった。氏とは話が合いそうだ。

 藤子ファンにとって重要な情報は、フランスで『ドラえもん』のコミックが発売予定だということ(ユーロコミックジャパンのコメントより)。これが成功して、『パーマン』を始めとした藤子作品のフランス語版が出ると嬉しい。『パーマン』よりはアニメが放映されていた『魔美』が先かも知れないが。

 話変わって。今週の『週刊ベースボール』4/2号に水田わさびインタビューあり。カープファンとしての話しかなかったのが残念。『新魔界』もそうだが、『ドラ』に野球は切っても切れない関係なので、そういう話もして欲しかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.20

『X-メン』#68「運命」

『X-メン』#68「運命」
 平日連続放送枠でこっそり新エピソードが放送されていた。ハロウィンネタのため飛ばされたのだろうが、内容はクリード、ナイトクローラー、ミスティークの親子が顔を合わせるという重要なエピソード。敬虔なナイトクローラーが、必死に冷静であろうとする姿が心に残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

『のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』

 本日初日の『のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』を見てきた。
 感想はネタバレありなので別ページへ。(ココログもこういう使い方ができるようになったのだ)

 劇場で買ってきた公式ガイドブックで、真保裕一の初原画が『パーマン』だったことを知る。オリジナルテロップを見ることはほとんどできないので、確認ができないのが残念。

 テレ朝の『のび太の恐竜2006』は、EDをカット。EDに意図を盛り込む渡辺監督作品でまともにEDが流れないのは今に始まったことではない。困ったものだ。
 『新魔界』もED後に重要なシーンがあるのだが、TV放映ではどうするのだろう。

続きを読む "『のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.04

『メントーズ』またも見逃す

 教育テレビ『メントーズ』第47話「紳士強盗 ブッチ・キャシディ」に安原さんがブッチ役で出ているのを放送後に教えてもらい、再放送を狙っていたのだが、3/1に再放送されていたことが判明。2/15から一週二話放送になっているなんて、聞いてないよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.03

『オバケのQ太郎』に安原さん

『オバケのQ太郎』#470「正太を訪ねて幾千里」
 ゴジラたちに将来は宇宙飛行士になると宣言した正太。O次郎のタイムマシンで自分の未来を見に行くことにする。
 なんと宇宙個人タクシー運転手役で安原さんが出演。白ヒゲの老人だが、しゃべりは外国人風。テロップは汎用なので表示されなかった。
 ちなみに、オチは30年未来と間違えて300年未来に来てしまったというもの。
 300年後の世界では「ZONY」製品が幅をきかせているらしい。

#471 「ヒョウロクさんとオンボロカー」
 引き続きヒョウロク役で出演。今度はエセ外国人風。
 空き地の隣のアパートに引っ越してきたヒョウロクさん。顔立ちは藤子風イヤミ。キャラデザが赤塚氏なのだろうか。興味本位でオンボロカーでのドライブに出かけたQ太郎が散々な目に遭うという内容。原作は読んだことがないのだが、初期原作っぽい雰囲気を感じた。


 これまでシンエイオバQを見てきたのが報われた感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »