« 「Beetle Power!」PinkyPiglets | トップページ | 今日のパーマン記事 »

2007.02.07

「マドンナのように」

『ジャングル』#31「マドンナのように」

 今日の二本は、80年代末という時代を切り取ったような作品で楽しめた。#30のフィリピンパブのBGMは中森明菜のカラオケ。新聞の見出しには「公共事業用地が買えない」とバブルを思わせる見出し。

 #31「マドンナのように」は、歌手のマドンナにあこがれる少女と平さんの物語。ラストでビートルズに聴き入る平さんが心に残った。しかし、この話をDVD化するのは著作権料が大変そうだな。

|

« 「Beetle Power!」PinkyPiglets | トップページ | 今日のパーマン記事 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ブログでは、初めましてです。

ジャングル、本放送で見たのは小1の頃、再放送で見たのは中2の終わり頃でした。あの頃はバブル景気だったのですね。

平さん(勝野洋:太陽にほえろ!のテキサス、地震列島の主役)は少女を騙したが、結果的には彼女を救ったのですね。

このドラマは残念ながら刑事ドラマの時代が終わる頃の作品で、「太陽にほえろ!」程のヒットはなりませんでしたね。残念です。
以前教えてもらったサイトも、閉鎖されてしまいましたね。

投稿: 通りすがりの正義の味方 | 2007.02.16 22:24

 私は本放送時高校生でした。当時はバブル時代だということは意識せずに見ていましたが、今になって気付くこともありますね。

投稿: 大田康湖 | 2007.02.17 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/13828830

この記事へのトラックバック一覧です: 「マドンナのように」:

« 「Beetle Power!」PinkyPiglets | トップページ | 今日のパーマン記事 »