« 「Pa-Pa-Paザ★パーマンの日」 | トップページ | 「里帰り困っちんぐ」 »

2006.12.23

アニメ『ドラえもん』について

 最近『サイゾー』記事などで話題になっていたアニメ『ドラえもん』について。
 私が共感したのがこのブログ記事。
UGS 日記のこもれ火 ドラと放送作家ともうひとつ
 私は大山ドラ末期は録画していたが、ほとんど見ていない。渡辺歩演出の回など、気になったときにだけ見返していた。
 私はイベントや同人誌の取材などで、何人かのアニメスタッフに会う機会があったが、なんとかスポンサーの意向と作品の面白さを両立させようと頑張っている方々ばかりだった。それを知ると、無責任に現場スタッフは叩きたくない。
 ただし、テレビ朝日が『ドラえもん』を文化財だと本当に思っているのなら、もう少し煽りを控えめにして欲しい。日本テレビの『アンパンマン』くらいのスタンスでいいと思うのだが。

|

« 「Pa-Pa-Paザ★パーマンの日」 | トップページ | 「里帰り困っちんぐ」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/13170080

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『ドラえもん』について:

« 「Pa-Pa-Paザ★パーマンの日」 | トップページ | 「里帰り困っちんぐ」 »