« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.25

正ちゃん、パーマンになる

『オバケのQ太郎』#423「くりかえし夏休み」
 よっちゃんが夏休みにユウタという少年と仲良くなったことを知った正ちゃんたちは、真相を探りにOちゃんのタイムマシンで海岸の村へ……。
 村祭りで仲良くする二人を見た正太は、素顔を隠すためにパーマンのお面を着けて乱入する。
 ユウタはよっちゃんのいとこというオチ。
 しかし、このパーマンお面、目が真四角だ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.24

ドラえもん「四次元たてましブロック」「むすびの糸」

 今日の『ドラえもん』は二本とも面白かった。「四次元たてましブロック」「では、のび太がマンション名を妄想する所。今のマンション名は本気であんな感じだし。静香の「見なかったことにしよう」もツボ。
 「むすびの糸」は最初ぼんやり見ていて、見覚えのある台詞が始まったのでびっくり。以前おっけっ!!さんが描いてくれた「君の笑顔が最高」の元ネタの回だったのだ。この辺りの原作はきちんと読んでないので新鮮だ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.18

『いろどり橋-あねいもうと-』

 中日劇場で公演中の『いろどり橋-あねいもうと-』を観劇。

 以下ネタバレあり。

 安原さんは長屋の差配(管理人みたいな立場)、源兵衛役。この長屋に住む、おたか(沢口靖子)おしず(山本陽子)姉妹の恋の行方を巡る物語である。
 以前夫婦ではないかと予想していた阿知波悟美は、縁談を持ってくる活花の師匠役だった。
 安原さんは出番は多いが、二幕の惚けるフリをするシーンが見せ場だろう。ちなみに茉奈佳奈姉妹が孫娘役。
 個人的に注目していたのは、音楽が佐橋俊彦だったこと。劇中で何度もテーマソングが流れていた。音楽は洋風で、途中で流れるギターソロが印象的。
 話ももちろん面白く、ほろりとするシーンもあり、最後は大団円。正月のシーンで終わるので、一月にどこかで再演するといいのに。
 パンフを買ったところ、出演者のコラムが載っていた。「家族のこと 隣人のこと」というテーマで、安原さんは子供時代の家庭やきょうだいの話を寄せていた。これが読めただけでも来た甲斐があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『気まぐれ本格派』

『気まぐれ本格派』#20「二十億円は夢じゃー!」
 主人公清水一寛(石立鉄男)の周囲をかぎまわる男が安原さん。かなり出番あり。
 チャンネルNECOで20日12:00から再放送がある。

 以下ネタバレ

 安原さんは小林探偵事務所の探偵、金田一(かねだはじめ)役。ビルの清掃をしていたところを助けてくれた一寛を娘の嫁にしたいと見込んだオーナーが差し向けたのだ。真相を知った一寛は、ただの掃除のおばさんが二十億円の財産持ちと知って舞い上がる。だが、娘の幸子には恋人がいた。金田一である。オーナーが財産目当てと思いこんで反対しているのだと知った一寛は、二人の仲を取り持ち、身を引くのだった。最後は二人の結婚式。
 安原ファンとしてはぜひとも見ておきたい一本だった。

 トリビア このドラマをはじめ、一連の石立ドラマのOPアニメは芝山努が担当している。本作にもテロップあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.17

ハッピーバースデー!

 今日は安原義人さんの57歳の誕生日です。おめでとうございます。

 去年まではサイトに告知していたのだが、今年は安原さんの代表作に書き加えることもなかったのでこちらにて。『シン・シティ』のミッキー・ロークくらいだろうか。後、NHK第一「歌謡ドラマ」にも頻繁に出ていた。
 もちろん、舞台では大忙し。現在は中日劇場『いろどり橋』に出演中。公式サイトにギャラリーが掲載されている。
 というわけで、明日公演に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.12

『X-メン』#58

 自分を見つめ直すためにかつて暮らした日本の寺へ里帰りしたウルヴァリン。だが、村はシルバーサムライに占拠されていた。村を守ることで自分を取り戻す。
 寺の僧の服装はどうみてもタイ。家とかはまあ見られるレベル。住民の名前は日本風だが、ヒロインのキサラはオリジナルのままだろうか。今の日本では十分許容範囲だ。さすがに看板の文字はいい加減。
 しかし、ウルヴァリンはともかく、追ってきたジュビリーが会話可能なのが引っかかる。中国系だから?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.05

まいっちんぐマチコ先生#83

『まいっちんぐマチコ先生』#83「マジック人形劇」
 何度か安原さんがゲスト出演しているが、今回は移動人形劇の操演者、島。声色を変えて楽しませてくれる。
 スタッフがコンピュータゲームに熱中する子供たちを見て人形劇に見切りを付け、一人になって困っていた島をマチコたちが助けるという内容で、『エスパー魔美』の「星空のダンシングドール」を思わせる話だった。
 しかし、テロップには名前表示なし。出てない塩沢兼人の名前があったりしたのでミステロップかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »