« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.28

復刻版カールしおあじ

 最近復刻版が発売された「カールしおあじ」。青いパッケージを見て懐かしくなった。袋には昭和57年発売とある。
 この「カールしおあじ」を私が覚えているのは、正月に祖父母の家でいとこと遊んだことを日記に書いたからだ。この時出たばかりの「カールしおあじ」をおやつに買ってもらったのが嬉しかったらしい。
 ちなみに、このいとこと翌年会った時、私はハマっていた『パーマン』について熱心に語ったが、つれなくされて淋しかったのも覚えている。中一にもなって普通『パーマン』はないよな。

 ちなみに29日のテレ朝チャンネルても『パーマン バードマンがやって来た!!』を放送する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.26

韓国版『パーマン』紹介

 Doblog - 隊長のキムチな氣分 -より

 以前、韓国での『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』紹介ブログを取り上げたことがあるが、現在韓国では83年版が翻訳放送されている。
 やはり韓国語が分かる人だと、微妙な違いが解説されていて面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.19

21日のテレ朝チャンネル

 見落としていたが、『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』の再放送がある。前回見られなかった人はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.16

歌謡ドラマ「サルビアの花」

 今回は40代の脱サラリーマン、中村役。元部下の女性に心惹かれるが、彼女は同僚の社長ジュニアと結婚することに。
 今回の方が洒脱な演技が多く、聞いてて楽しかった。ちなみに、「サルビアの花」という歌は初めて聞いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.02

歌謡ドラマ「ジェラシー」

 井上陽水の「ジェラシー」をフィーチャーしたラジオドラマ。安原さん演じる元編集者は、学生時代に好きだった女性を呼び出すが、来たのは娘だった。お互い好きあいながら踏み込めず別れた男女の物語。
 安原さんが還暦の男性を演じるのは年相応だと分かっていても淋しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『X-メン』新シリーズ

 トゥーンディズニーの『X-メン』、映画公開に合わせて先月から未放映の新シリーズが始まっている。
 特に#51#52は、久々にガンビットとローグがメイン。アツアツで当分破局の危機はなさそうだ。
 本編も、マグニートーがクーデターを起こすが、部下に裏切られて生死不明(復活するけど)。地球は核ミサイルの雨で危機一髪と大盛り上がり。しかも引きはアポカリプス。次回が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »