« 曽我部和恭氏亡くなる | トップページ | 『桜蘭高校ホスト部』最終回 »

2006.09.26

『シムーン』最終回

 テレ東の『シムーン』が終わった。設定に興味を持ったのと、監督が西村純二だったので見ていたのだが、いい作品だった。

 西村純二は『パーマン』で演出ローテーションに入っていた。その間に『うる星やつら』などの仕事もやっていたわけで、素晴らしいバイタリティーだ。『パーマン』では最終話「パー子の宝物ってなーんだ?」でのパー子の告白シーンに、『シムーン』に通じる物がある気がする。

 最近のアニメには珍しく、最終回も通常通りのOP・EDだったのも好感触。そもそも、作品に曲が合っていた。OPのタイトル「美しければそれでいい」が作品のテーマそのもののように思えた。BGMもバンドネオンを前面に押し出した曲が多く、耳に残った。機会があればアルバムを買いたい。

|

« 曽我部和恭氏亡くなる | トップページ | 『桜蘭高校ホスト部』最終回 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/12050571

この記事へのトラックバック一覧です: 『シムーン』最終回:

« 曽我部和恭氏亡くなる | トップページ | 『桜蘭高校ホスト部』最終回 »