« 『ファミ通』は買ったが…… | トップページ | 外国人スタッフの表記について »

2006.03.08

『ファミ通』が届いた!

 通販した『ファミ通』が届いた。早速開封すると、表紙に見覚えがある。探索の際立ち寄った書店で平積みになっていたのと同じだ。私はこの時点で前の週の『ファミ通』に載っているものと思いこんでいたので、スルーしてしまったのだ。しかも色が以前出ていた記念号と同じだったので(特別号だったとはいえ、まだ在庫があるとは)と思っただけだった。いかん。相当舞い上がっている。
 記事は映画を紹介した1Pもの。編集部と渡辺監督のインタビューが掲載されている。のび太の部屋の狭さは大人の視点で見た物だという話など、興味深い話があるが、パーマニアにとって大事な部分だけ引用しておこう。

(編集部)すごーく気になるのですが、『パーマン』の映画はもうやらないんですか?
渡辺 いや、諦めたわけじゃないです!千面相とか誰がリーダーかをやって、『バード星への道』で完結させたい。テレビでも完結してないし、ファンクラブの人に公言しちゃったんで(笑)、復活させたいです!
(『ファミ通』900号p252より)

 こんな限られたスペースで『パーマン』の話を載せるなんて、編集部も『パーマン』ファンに違いない。
 これを見る限り、監督のやる気は満々だが、状況は難しそうだ。だが、現キャストの年齢を考えると、あまり時間はない。映画でなくても、OVAでいいから復活して欲しい。今年は誕生40周年なんだし。


|

« 『ファミ通』は買ったが…… | トップページ | 外国人スタッフの表記について »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/9004612

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファミ通』が届いた!:

« 『ファミ通』は買ったが…… | トップページ | 外国人スタッフの表記について »