« 『X-メン』記事の訂正 | トップページ | 今度こそ未放映開始 »

2006.02.14

『Quick Japan』Vol.64

 『Quick Japan』Vol.64を購入。ドラ特集より先に、第2特集の「TV・オブ・ザ・イヤー」を読んでしまう。普段地上波をあまり見ないので、テレビ界の現状が分かって面白かった。ここに上がっていたので毎週見ているのは「探偵!ナイトスクープ」「タモリ倶楽部」くらい。
 エンケンインタビューも興味深かった。私の学生時代、茨城出身ということで、ローカル局の深夜ラジオパーソナリティーをやっていたのだ。その時は「オムライス」ばかりかけていたが、「カレーライス」の背景に三島由紀夫割腹自殺があったとは知らなかった。
 さて、いよいよドラ特集。の前に、「トーク・オブ・ザ・タウン」にもドラ小ネタ満載。
 本編には大変満足したが、一番良かったのは辻村深月(辻は二点しんにょう)の寄稿文。これからは、子供時代をドラと共に過ごした人々が創作の世界に入ってくるのだ。欧米における聖書やシェイクスピアのように、藤子作品も共通の教養になろうとしている。

|

« 『X-メン』記事の訂正 | トップページ | 今度こそ未放映開始 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/8648898

この記事へのトラックバック一覧です: 『Quick Japan』Vol.64:

« 『X-メン』記事の訂正 | トップページ | 今度こそ未放映開始 »