« 「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」を見た | トップページ | しまった!! »

2006.01.15

ドラマ『まんが道』感想

 今回は満賀と才野の恋愛談義が印象に残った。落ち込む満賀とそれを見守る才野を見て、まだ書いてない話のアルマイトとイリメンを太ぶらせてしまった。
 手塚先生も満賀と才野も、マンガを生涯描き続けていくと誓うシーンがあるが、実際にそうなりつつあるのを知っていると感慨深い。
 後半は満賀のラジオ欄掲載ミスという事件が起きるが、これを「青春編」の原稿落とし事件のプレステージとして見るとまた面白い。

|

« 「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」を見た | トップページ | しまった!! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/8174767

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『まんが道』感想:

« 「ワンワンセレプー それゆけ!徹之進」を見た | トップページ | しまった!! »