« はてなダイアリーで | トップページ | 『ドン・チャック物語』#85#86 »

2005.08.28

天地真理とジャイアン

 「生活の臍」というブログで、『ドラえもん』8巻「キャンデーなめて歌手になろう」のジャイアンは、なぜ天地真理の声を選んだのかという考察がされていた。ちょっと気になったので補足。
 単行本の発売日で考察されているが、この話の掲載誌は1973年の小学五年生8月号である。(参考 ドラえもんFanClub)この頃の天地真理はトップアイドルとして華々しく活躍しており、「恋する夏の日」などのヒット曲を出している。当時のチャートについてはチャート梁山泊を参照。男性歌手は新御三家や、フィンガー5が活躍していた。
 こうしてみると、結論としてはあまり変わらないような気もする。

|

« はてなダイアリーで | トップページ | 『ドン・チャック物語』#85#86 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/5668463

この記事へのトラックバック一覧です: 天地真理とジャイアン:

« はてなダイアリーで | トップページ | 『ドン・チャック物語』#85#86 »