« パーマン制作ナンバーの謎 | トップページ | 「ドラえもんの大予言」 »

2005.07.31

『ドン・チャック物語』#79#80

#79 「アドベンチャー号 海へ行く!」

 ダイゴが川で異変が起こっているというので、チャックとララも加えて探検することに。上流へ向かうと、スカンクの親子が木を切っていた。船を造って海に出るのだという。息子のユーキは海に行こうと誘うが、父親のローマンは危険な旅だと反対する。諦めかけたチャックたちだが、ララに焚き付けられてこっそり船造りを手伝うことに。それを見かけたラッパたちも関心を持つ。反対したアリストテレスも、ローマンの態度を見て信頼し、旅を許す。協力の甲斐あって、アドベンチャー号は見事進水式の日を迎えた。だが、ラッパたちが密航していた。チャックの取りなしで彼らも働くことに。途中、嵐にも遭いながら、アドベンチャー号は無事海に到着した。

 市川徹はドンチャック初登場?焚き付けるララちゃんは珍しい。浪漫と勇気か。「空いっぱいの夢」二番が流れる。

#80 「大騒動!!ざわざわ森」

 ラッパが一本杉に登っている。自分が大鷲になったと思いこんでいるのだ。皆の見守る前で飛び降りるラッパだが、ケガ一つ無い。やってきたガンテツ爺さんは、悪魔が取り憑いたのだと言い出す。昨夜悪魔の使いのコウモリを見たのだ。ガンテツはコウモリ退治を命じ、コン太とカチンコは森中駆けめぐる。だが、グレースがケガをしたコウモリを飼っていたのを知り、ガンテツはコウモリを殺すようねじ込む。グレースやアリストテレス、メエ先生は反対するが、ラッパの奇行の原因が分からないので押し切れない。そこにトリッカーと名乗る狼が現れた。何やら唱えると、ラッパは正気に戻る。トリッカーは森の神の怒りが解けたのだと言う。森の神の使いだというトリッカーをガンテツたちは信じこむ。
 だが、今度はミミの祖母がおかしくなった。自分は15歳の娘だと思いこんでいるのだ。トリッカーはまたも治療を施し、一瞬で消えてしまった。信奉者を増やしたトリッカーは、森に神殿を作り、神官として振る舞う。その頃、アリストテレスとメエは奇行の原因は催眠術だと気付く。だが、納得できないチャックとダイゴは真相を確かめに行き、捕まってしまう。催眠術に掛けられたダイゴに襲われ、絶体絶命のチャック。だが、チャックはダイゴをはね飛ばし、アリストテレスの渡した虫眼鏡で催眠術を跳ね返して勝利する。

 久々にガンテツ爺さん登場。ラッパの奇行の原因は予想通り。だがその後の展開はさすが吉田喜昭。虫眼鏡もちゃんと伏線がある。

|

« パーマン制作ナンバーの謎 | トップページ | 「ドラえもんの大予言」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/5249640

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』#79#80:

« パーマン制作ナンバーの謎 | トップページ | 「ドラえもんの大予言」 »