« ドラSP感想 | トップページ | 『怪物くん』最終話 »

2005.07.04

『ドン・チャック物語』#71#72

#71 「トムソン農園の兄弟」

 トムソン農園のケリーとジャイ兄弟。ジャイは要領よく立ち回る兄のお陰で父親に叱られてばかりの。口笛が得意で手踊りのバードが親友だ。
 チャックはジャイと出会い、仲良くなる。トロトロ森にある農園に遊びに行ったチャックは、ジャイが秘密の農園でエンドウ豆の品種改良をしているのを知る。だが、亡き後妻の連れ子であるジャイは、家族に嫌われていると思っていた。チャックたちはジャイと農園を作り、エンドウ豆を植える。

 日照りが農園を襲い、困り果てるトムソンたち。チャックは川から水路を引く工事を始める。だが、それを知ったケリーが黙っていない。夜中に水路を壊し、畑を荒らし、バードを証拠に残す。叱られたジャイは家を飛び出す。それを知ったチャックは秘密の畑にトムソンを連れて行く。誤解の解けたトムソンはジャイに水路を造ろうと申し出る。最初ははねつけるジャイだが、チャックに諭されて工事に戻る。ケリーも謝り、めでたしめでたし。

 ケリーは耳が小さい犬。ジャイは耳が大きく垂れている犬。ドン・チャックの法則、「似てないキャラが家族なら血は繋がっていない」が早速炸裂。

#72 「ドラゴンシティーからきた空手の王者」

 黒豹の先生に空手を教わるチャックたち。それを見ていたラッパたちも教わりたいという。分け隔て無く教える先生。だが、先生がここにいるのには理由があった。一週間前の嵐の夜、雷に打たれて記憶を無くしてしまったのだ。メエ先生とアリストテレスも心配していた。
 あの日を思わせる嵐の夜。先生はようやく記憶を取り戻す。と同時に、家を飛び出してしまった。探しに出たチャックとアリストテレスは、崖の上に立つ先生を見つける。先生はブルースと名乗り、ドラゴンシティーで空手の道場を開いていたという。しかし、彼を妬んだタイガーが道場を襲い、子供たちを殺されてしまった。復讐に燃えるブルースは、翌朝旅立つという。
 翌朝、ラッパが虎に襲われていると、コン太たちが助けを求めにやってきた。タイガーだと直感したブルースは、対決に向かう。見事勝利したブルースは修行のために旅立つ。

 脚本・桜井正明。コミカルなラッパが存分に楽しめる。
 ラッパたちを「君の友達か」と聞かれ、「友達ってほどじゃないけどね」と正直に答えるチャック。

|

« ドラSP感想 | トップページ | 『怪物くん』最終話 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/4819286

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』#71#72:

« ドラSP感想 | トップページ | 『怪物くん』最終話 »