« 『エネミー・ライン』(ネタバレ) | トップページ | コミケ落選 »

2005.05.30

『ドン・チャック物語』#61#62

#61 「フィフィのいたずら大冒険」

 一人で遊んでいたフィフィは、強盗団が戦利品を運ぶところを見てしまった。後を付けていくと、強盗団は岩山に戦利品を隠した。フィフィはラッパたちをそそのかし、宝物を横取りに行かせる。チャックとダイゴはフィフィが何かしようといていることに気付くが、真相は分からない。
 その夜、襲撃に向かった強盗団は、フィフィに触れ回られて失敗する。しかも、眠っている隙に強盗団を縛るが、しょせん子供の力。失敗してしまう。何とか逃げ出したのはいいが、洞窟の中で迷ってしまった。
 翌朝、フィフィが行方不明なのを知ったチャックとダイゴは、昨日の話を思い出し、岩山へ向かう。同じ頃、ラッパたちも岩山へ忍び込んでいた。お宝を見つけ、うはうはのラッパたち。だが、帰ってきた強盗団と鉢合わせ。フィフィを見つけたはいいが、チャックたちも出られなくなってしまった。洞窟内に蝶が飛んでいたことを思い出し、天井の穴から脱出する。チャックたちは強盗団をいぶりだし、見事退治した。

#62 「仮面の王子さま」

 ピクニックに来ていたチャック、ララ、ダイゴは、鉄格子のはまった洞窟を発見する。誰か閉じこめられているようだ。格子を破り入ってみる。中にいたのは、鉄仮面を被った男だった。男はリチャードと名乗り、ザワザワ森に連れてこられる。アリストテレスは、彼がキングスウッド国の王子で、ダスティに騙されて幽閉されていたのだと推測する。
 チャック、ダイゴ、アリストテレス、メエ先生はリチャードと共にキングスウッドに向かう。ダスティは王国の王冠のありかを吐かせようと幽閉されられていたのだ。
 チャック、ダイゴ、アリストテレスは鍵職人と名乗り、鍵好きなダスティに取り入る。ダスティが鉄仮面の鍵を持っていると踏んだのだ。鍵を取り戻すのに成功するが、アリストテレスは捕まってしまう。処刑寸前、間に合ったリチャードが駆けつけ、アリストテレスは救出される。ダスティは追放され、国に平和が戻った。

|

« 『エネミー・ライン』(ネタバレ) | トップページ | コミケ落選 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/4334954

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』#61#62:

« 『エネミー・ライン』(ネタバレ) | トップページ | コミケ落選 »