« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005.04.30

『ドン・チャック物語』#53#54

 AT-Xの『D・N・ANGEL』、二話からOP「白夜」が流れる。歌詞付きでふりがな付きということは、このアニメの想定視聴者層は低いのか?
 話はパーマンというか、バケルくんというか。つくづくパーマンの恋愛周りの設定は偉大だな。

『ドン・チャック物語』#53#54

#53 「シンデレラになりたい」

 ザワザワ森に曲芸一座がやってきた。といってもメンバーは座長トッポと看板娘のジェニーだけ。ラッパたちも儲けの半分をもらうということで手伝う。
 舞台は大成功だが、ジェニーはろくに食べさせてももらえず、鞭で打たれる生活に耐えかねて逃げてしまう。崖の上に追いつめた座長たちだが、ジェニーは転落してしまう。
 座長に脅され、ラッパたちはジェニーの代わりの娘を捜すこととなる。
 だが、ジェニーは生きていた。
 翌朝、村ではガラスの靴を履けた者からミス・シンデレラを選ぶコンテントが行われていた。候補に残った者たちは次々とさらわれてしまう。その頃、ジェニーから事情を聞いたチャックたちは先回りしてトッポの車を追いつめていた。
 刃向かってくるラッパたちは、「ララたちを帰せば罪にならない」とチャックに諭されて戦線離脱。トッポは車ごと川に落ち、流されていった。
 元気になったジェニーに、ララは「もう夢は見ない」というのだった。

 ジェニーはフィフィの声優と思われる。
 冒頭、キノコ採りで千本シメジを採るチャックたち。
 ザワザワ森で、ララとミミ以外の女の子たちを初めて見た。シカ?の女の子はメリー。
 メエ先生の病院に看板が。

#54 「にくしみをのりこえて」

 最近村にやってきた虎のタイガン爺さん。チャックはタイガンと仲良くなりたいが、アリストテレスは相手の気持ちを確かめるよう忠告する。
 猿のモッキーが村にやってきた。頬に傷のある虎の男、ブラックタイガーを捜しているという。事情を聞いたメエ先生は、チャックの家にいるタイガンを紹介する。
 タイガンはブラックタイガーを知らないというが、モッキーは顔色の変化を見逃さなかった。メエ先生の好意に甘え、村に滞在することにする。
 メエ先生とアリストテレスは、タイガンがブラックタイガーに脅されていると思うが、実はタイガンこそがブラックタイガーだった。つけヒゲで傷痕をごまかしていたのだ。その現場を見たモッキーと争いになるが、双方痛み分けで終わる。モッキーは三年前に殺された両親の敵を取りに来たのだ。モッキーは彼と決闘したいと言う。
 翌朝、事情を聞いたチャックたちは、ブラックタイガーを探しに出かけるが、逆に人質に取られてしまう。隙をついて逃げ出したチャックたち。モッキーはブラックタイガーと決闘するが、ブラックタイガーは命乞いと見せかけて攻撃に転じる。チャックが腕を噛んたのでブラックタイガーは川に落ちる。川に流されるブラックタイガー。モッキーはためらうが丸太を流し、命だけは助けてやる。
 メエ先生とアリストテレスは、モッキーの態度を誉めるが、モッキーは悲観的だ。丸太に捕まりながら、ブラックタイガーは悔恨の涙を流していた。

 タイトルで期待したような直接的な和解はない。そこが吉田喜昭脚本らしくて好き。

 今回には二作とも次回予告あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『プロフェシー』『ソードフィッシュ』

 二日連続の安原吹替の感想。
 『プロフェシー』は中盤の切れた演技が良かった。
 話が面白かったのは『ソードフィッシュ』。安原さんも冒頭から皮肉混じりの演説で楽しませてくれたし。共演者がウルヴァリンとストームだったのも、楽しく見られた一因。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.04.29

いきなり「オールマイティパス」とは

 来週のアニメドラ予告に星野スミレが出演。原作に忠実な絵。声優は誰なのか楽しみだ。
 ドラ本編もおもしろかった。ミニシアターは色々実験的な作画の試みをしていくようで楽しみ。
 音楽は徐々にいい感じになってきた。しずかの声はまだ違和感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メールが届かない人へ

 引っ越してから、メールの受信がうまくいきません。
 元々、ニフティ本アドレスに届いたメールをセカンドメールアドレスに転送するようになっていたのですが、引っ越し前に会員種別を変更してから、うまくいかなくなってしまいました。
 メールボックス容量オーバーで戻された方もいらっしゃるようです。こちらはサーバーメールを減らしたので大丈夫かと思います。
 ただし、本アドレスに届いたメールを転送するシステムがうまくいっていません。
 一番困っているのは、Yahoo!オークションの入札等のメールが配達されないこと。アラームは配達されているのに、参ったなあ。

 登録し直したら、とりあえずYahoo!オークションの入札等のメールは届くようになった。一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーマンより先に

 盟友であるハットリ氏のDVD発売が決まってしまったでござるよ、ニンニン。
 たのみこむ
 しかも発売元はコロムビアか。
 BOX-1ということは最終的に何箱になるのか。ファボリ時代に飛ばされてしまった『藤子不二雄ワイド』時代の作品群も収録されるだろう。テレ朝チャンネルでは現在、一回4話ペースで放映されており、ワイド時代の長尺対策だと思っていたのだが、DVDを待つべきか、悩みどころだ。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.26

『もっと!ドラえもん』1号

 予約はしなかったが、無事購入。
 かかずゆみが星野スミレの話をしてたり、原作パーマンが取り上げられていたりと、パーマニアには嬉しい内容。それにしても、パーマンのカラー原稿はきれいだな。てんとう虫コミックス収録分もカラー原稿で見たいものだ。

 ドラ特集の『裏BUBUKA』も購入。「新・パチ漫『パーメン』」掲載号以来だ。
 なるほど、この記事の執筆陣は初期ドラ派なのか。劇場版でワンニャンが最低点だったり、渡辺歩がボロクソに書かれていると、煽りも入っているのだろうが悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最終戦」

 『エスパー魔美』#116「最終戦」

 舞台はプロ野球選手の引退試合。かつての川崎球場を思わせるスタジアムの雰囲気が懐かしい。
 私が応援している門倉も、すっかりベテランになってしまった。いずれ引退の日が来るだろうが、引退試合をやってもらえる選手になっているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

『ドン・チャック物語』#51#52

#51 「ふしぎな旅人」

 ごちそうを食べているラッパたちの前に、犬のビンボーがやってきた。さすらいの絵かきのビンボーは絵の代わりに食べ物を欲しいという。ラッパはビンボーの頼みを聞くが、リアルな絵に腹を立てて追い出す。
 その後、チャックたちに助けられたビンボーはお礼に絵を描く。不思議なクレヨンで描いた絵は朝日に当たると本物になるのだ。
 その夜、チャックは久しぶりにママと楽しいひとときを過ごした。
 翌朝、本当に絵が本物になったのを見たアリストテレスは、「あの人は神様のお使いだったのだ」とチャックに話す。しかし、それを知ったラッパたちが黙っていない。ビンボーに親切の押し売りをし、大きなケーキを描いてもらう。
 しかし、ラッパたちは大きすぎるケーキに潰される夢を見ただけだった。

 チャックは音痴。しかし、即興曲とはいえ歌詞に「味噌ラーメン」とは。
 チャックのママの声は野崎貴美子?

#52 「なぞの訪問者」

 チャックたちは森で崖から落ちたイタチのフリッツを助ける。しかし、フリッツの挙動がおかしい。夜中に後を付けたチャックは、フリッツがララを狙っているらしいことに気付く。だが、確証が持てない。
 フリッツは服を作ってあげると言ってララを連れ出す。チャックはララが誘拐されたとアリストテレスに言うが、信じてくれない。夜になり、ララが帰ってこないことでようやく皆も騒ぎ出す。ラッパたちがフリッツに協力しているらしいことに気付いたチャックたちは、後を追う。
 翌朝、船の上でのびているラッパたちを見つける。ララはゴロゴロ森のロートル家にいるという。ララはロートル家の亡き娘、ビューティーの身代わりにされたのだ。ララを人質にとって迫るロートルに、アリストテレスは「あなたは娘を殺すんですか」と諭す。目が覚めたロートルはララを返す。優しいララは「おとうさん」とロートルを呼ぶのだった。

 話は面白いんだが、絵が手抜き爆発。
 メエ先生、久しぶりの登場。サスペンス系のBGMも久しぶり。
 ララの服はママの手作り。

 今回には二作とも次回予告あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラ特集感想

  一番無念だったのが「YUME日和」がフルコーラスかからなかったこと。
  やはり定番曲多めで、私としては物足りなかった。
  「浪曲ドラえもん」「ああ、いいな」は十分ひねくれてましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.23

ドラ特集を予測する

 さて、今週の『青春ラジメニア』はようやくの『ドラえもん特集』。開始まで一時間を切ったが、かかる曲の希望と予測など。
 まず、ラジメニア的に外せないのは山崎ハコ「夢」。「精霊よびだし指輪」の挿入歌。既成曲をイメージソングとして使った大山ドラ空前絶後の作品。この曲は過去にリクエストに応えたことがあり、その過程で多くの反響を呼んだと記憶している。
 大山ドラ時代の声優曲も多数かかると思われるが、限られた時間を有効に使うために、のび太、スネ夫、ジャイアンが歌う「ワンパク三人組」をぜひ。
 劇場版は大激戦だが、かかってない曲から、ダ・カーポ「さよならとは言わないで」島谷ひとみ「YUME日和」を。
 個人的に、トリには来年の映画と掛けて大山のぶ代「ポケットの中に」。

 ちなみに、私のリクエストはKONISHIKI with 新山千春「ひとりじゃない~I'll be there~」。『のび太とロボット王国』挿入歌で、KONISHIKIの歌のうまさをラジメニアンに堪能して欲しいと思って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.20

のび太の部屋と3分ポッキリ

 「草の日々、藁の日々」経由で知った「中野の鼻」の「のび太の部屋を覗いてきました」。
 のび太が「星野スミレベストアルバム」テープを持っているというのが気になったのだが、「御機嫌伺いLOVE」「雨のSweet Magic」しか商品化はされていない。劇中だと「ぼくたちパーマン」「パーマン・マーチ」を歌っているのだが、音源は残っているのだろうか。「キミらしいまま」も一応持ち歌か。

 『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』のDVDが予想通り7月に発売決定。「ふしぎ風使い」とカップリングなので、ジャケットは期待できない。

 引っ越しの息抜きに、『映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃』を見てきた。
 以下ネタバレあり。


 退屈はしなかったがいまいち。レギュラー陣の変身とか(『はなまるキング』みたく)も見たかったし、怪獣サイドの視点も掘り下げて欲しかった。それでこそ、ニセしんのすけも生きると思うのだが。未来マンの世界にはカップラーメンはないのか、とか。
 後、かつての映画を思い出してしまうような決め台詞やシーンがいくつかあり、興醒めした。
 心から笑ったのは、シンエイ本社とシロの変身。ぶりぶりざえもんのアイデアも良かった。

 今回は音楽スタッフも大幅に入れ替わっており、去年までパーマン映画の音楽担当だった若草恵が参加している。しんのすけがひまわりを背負って幼稚園から戻るシーンで、パーマン映画のBGMに似た曲がかかった。なんとなく淋しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.18

『ドン・チャック物語』#49#50

 とりあえず引っ越しは終わりましたが、ADSLがまだ開通しておりませんので、ダイヤルアップでつないでいます。
 本格始動はしばしお待ちを。

 #49 「じゃぶじゃぶ川の大決斗!!」

 ジャブジャブ川から3人のならず者がやってきた。チャックとアリストテレスを襲う。彼らは元山賊ゲバの集めた宝を横取りし、ゲバを殺そうというのだ。チャックとダイゴは止めようとするが、ゲバは一人で戦いに行くという。いくらゲバが強いといっても、サン忍耐一人では大苦戦。痛手を負ってしまうが、チャックたちの加勢もあり、見事ゲバは3匹を倒す。引き留める村人たちを振り切り、ゲバは旅立っていった。

 タイトルはテロップまま。
 ゲバもすっかり村人に受け入れられた。

 次回予告の「交通ルールを守ろう」の集合図、右端のアヒル一家が本編にいないキャラのようで気になっていたのだが、OPのプールのシーンでちゃんと出ているのに気付いた。

#50 「あやしい予言者 コンコン太夫」

 今日も内輪もめのラッパたち。そこにコン太の父親だというコンコン大夫が現れた。父は放浪の果てに死んだ、とおばのエリザベスに聞かされていたコン太は信じない。だが、家系図を見せられて一変。太夫は天下の大予言者と名乗り、村人を呼び集めさせる。
 ザワザワ森に大地震が起こるという太夫の言葉を皆は信じない。だが、予言通り地震が起こり、皆は信じてしまう。驚いて帰宅したチャックは、家が補強されているのに驚く。
アリストテレスは今度の地震を予測していたのだが、研究結果の書かれたノートがなくってしまったのだ。コンコン大夫はインチキだというアリストテレスの言葉はチャックを通して村人に広まる。もちろんコンコン大夫も黙っていない。チャック親子を追放しないと、森に悪い病気が流行るというのだ。川に魚が浮かぶのを見た村人たちはコンコン大夫に月、二人は村を離れて様子をうかがうことにする。
 チャックに夕食を届けた帰り、チャックとダイゴはダイゴ家のハチミツを隠すラッパたちを見る。ダイゴはハチミツを移した上で、コンコン大夫の罠にかかったふりをし、正体を暴く。もちろん、コン太の父だというのも嘘。すがりつくコン太を邪険にあしらい、太夫は去っていった。

 「こんなに魚が浮かんでいるの見たことない」というチャックだが、「ドロドロ沼探検隊」は忘れたのか?

 地震が起こることまで予測しているアリストテレス。恐るべし。

 タイトルはテロップまま。
 今回には二作とも次回予告あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

ネット落ちのお知らせ

 今週末引っ越すので、ネット環境が復活するまで来られません。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.10

『ドン・チャック物語』#47#48

#47 「マンモス象の遺跡をさぐれ!」

 カワウソの考古学者、カポーネ博士がザワザワ森にやってきた。マンモス象の遺跡発掘隊員を募集するというのだ。試験の結果、チャックとダイゴが選ばれる。
 いざ出発した3人だが、カポーネはいまいち頼りない。ラッパたちも後を付けてくる。
 氷の洞窟を滑り落ちた3人が見たのは、氷漬けのマンモスの墓場だった。カポーネは象牙を集めている。
 その頃、メエ先生はカポーネがインチキ学者であることに気付いていた。心配するララ。
 ララの心配は的中する。象牙を川から引き上げるフリをして、チャックとダイゴの命綱を切ったのだ。ラッパたちも荷物運びに利用させる。そこに川から上がった二人が立ちはだかる。本気を出した二人にあっけなくやられたカポーネは、川に流れた象牙を追って川に飛び込んでいった。

#48 「大変だ!ララちゃんがさらわれた」

 森で遊ぶララを見かけた熊の父親が、娘のエミリーの遊び相手としてララをさらってしまう。チャックも倒されるほど強い。ダイゴに助けられたチャックは後を追う。途中ラッパたちに出会う。最初否定するが、ダイゴの誘導尋問に引っかかる。ララの乗った船が下流へ行ったというのだ。川を渡る途中、ダイゴが流されてしまう。
 その頃、熊の家に行ったララは、エミリーと対面していた。彼女は怖がるばかりで口をきこうとしない。ママが亡くなってからだという。ララはエミリーと仲良くなりたいと思う。
 ダイゴの救出に手間取ったが、ようやく熊の家にたどり着いたチャック。もちろんすぐに捕まってしまう。二人は網に入れられたまま川に放り込まれるが、チャックの歯で脱出する。チャックたちは、エミリーが話せるようになったら返して欲しいと約束する。楽しそうなチャックたちを見て、ついにエミリーは笑い声をあげた。

 今回には二作とも次回予告あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

『ふしぎだいすき』

 「sub note」で紹介されていた『ふしぎだいすき』を見る。
 これは教育テレビの新番組で、ブロードバンド配信もされているのだ。音声が通常と視覚障害者用の混合なのが少々うざったい。
 三輪勝恵が主人公の声を当てている。が、基本は映像なのでナレーションのキートン山田の方がメイン。「sub note」の筆者がキャクターデザインを担当しているが、声優に喜んでいるのが嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾版パーマン感想

 ココログが新しくなってから初めての投稿。
 以前紹介した「Y的FE工房雜記」に台湾版の人名表記等の感想あり。
 個人的には、当ブログの紹介に感謝。

 「Y的FE工房雜記」に紹介されていた衛視中文台のサイトに行ってみると、パーマンの紹介ページができていた。フラッシュは『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!』の物を流用しているようだ。
 しかし、向こうで作ったらしい「超人特訓營」がプレイできない。カットからして脱力もの。いくら台湾が『アークエとガッチンポー』の国だからってこれはなかろう。
 ちなみに、『アークエとガッチンポー』映画は見に行く予定。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.04.03

『ドン・チャック物語』#45#46

#45 「恐怖のシェリフ ジミーハンターがやって来る!」

 野原で寝ころんでいたラッパたちのところに、サイのサイモンが転がり落ちてきた。シェリフに追われているのでかくまって欲しいというのだ。ラッパは食費代わりにチャックをぶっ飛ばさせようとするが、チャックがサイモンに食事をおごると言ったのであっさり寝返る。大食いのサイモンに皆はあ然とするばかり。裏切られたラッパたちはシェリフに協力することにする。

 やがてペンペン森のシェリフ、ジミーハンターがやってきた。ネズミだが滅法強い。村は食糧不足で、サイモンは村の食料を食べた上、脱走したのだという。処刑はひどすぎると抗議するチャックたちだが、ジミーハンターは言うことを聞かない。とうとうサイモンを捕まえて吊し首にしようとするが、サイモンの重みで枝が折れてしまう。ジミーハンターは処刑の真似事だけして、サイモンを見逃したのだった。だが、ペンペン森に帰りたいサイモンは、ジミーハンターを追って村を出て行った。

 おそらく、ドンチャック一長いタイトル。作画が手抜き爆発。
 サイモンの声、知っているのだが思い出せない。

#46 「ざわざわ森の新しい仲間」

 アケビを取りに、夜の森にやってきたコン太とカチンコ。アケビの入った袋を見つけたが、持ち主に驚いて逃げ出す。伸びているところをチャックとアリストテレスに助けられる。チャックたちは早速、持ち主の正体を探りに乗り出す。ラッパも乗り気だ。チャックとララは森の中で隻眼のイノシシと出会う。イノシシは人を信じることができず、森の奥でひっそり暮らしていたのだ。同情して泣き出したララを見て、イノシシも心を開き、ジェシア(ジェシー)と名乗る。
 チャックから報告を受けたアリストテレスとメエ先生は、子供たちに仲良くなってもらい、心を開かせるようアドバイスする。チャックはダイゴに協力を頼む。乗り気ではなかったダイゴだが、手仕事がうまく、優しいジェシーを本当の父親のように慕うようになる。
 ところが、ラッパたちが家財道具を盗み出し、チャックに罪をなすりつけようとする。怒ったジェシーはチャックの家に乗り込むが、犯行現場を見ていたメエ先生のお陰で無事解決。ジェシーは親友の盗みと火事で家族を亡くし、閉じこもっていたのだ。再び一人になろうとするジェシーを、村人たちは引き留める。ジェシーの人柄の腕を皆は気に入ったのだ。

 タイトルはテロップママ。
 初めて次回予告が流れる。ラストカットはキャンペーン?メインキャラクターの集合図セルに、「交通ルールを守ろう」のテロップ。

 メエ先生の名言 「お前(ラッパ)たちは出来心が多すぎるんじゃよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』

 東映チャンネルでようやくデジモン映画特集をやったので『デジモンアドベンチャー』とともに録画。
 初見だが、あらすじを知らなければもっと楽しめたと思う。それだけが残念。
 最初の戦闘シーンの背景に『マインドゲーム』を思い出す。今見てもかなり斬新だ。細田監督のサインと言われる青空に一条の軌跡という演出も印象的。
 あと、冒頭の『ボレロ』と『Butter-Fly』はやはり名曲。EDは慣れるまで時間がかかりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『白夜~True Light~』

 最近AT-Xの番宣で流れる『D・N・ANGEL』の主題歌が耳に残るので、CDを入手しようとアマゾンに行ったところ、中古があったので即購入。もう売った人がいたのかと思っていたのだが、このアニメ2003年作で、ラジメニアでもしっかりかかっていた。しかもバージョン違いまで。どちらもこのマキシCDに入っているが、納得の出来である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »