« 『ドン・チャック物語』#19#20 | トップページ | 『MINORIYT』完成 »

2004.12.31

今年の『パーマン』界総括

 さて、色々なことがあった今年の『パーマン』界。個人的なベスト5をば。
1.『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!』公開

 バードマンが公式で着替えたということが個人的メモリアル。宮崎アニメチックと言われたが、パーマンの素顔を見たスミレという新たな設定を入れ、今後の展開が大いに期待される……はずだった。

2.2005年の映画『ドラえもん』公開なし&リニューアル

 青天の霹靂だった。『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』シリーズの今後については未定。私としては、OVAでもいいので、現スタッフによる完結編の制作を強く要望する。

3.ぴっかぴかコミックス『パーマン』発売

 全編てんとう虫コミックス未収録。幼年向けを中心に収録した。全三巻?

4.パーマングッズ大量発売

 フィギュア、食玩、『パーマン・ザ・ベスト』等、放映当時では考えられなかったグッズ乱舞。金欠だが大満足。

5.『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』シリーズDVDレンタル開始

 『パーマン』初DVD化。早く一般発売して欲しい。

|

« 『ドン・チャック物語』#19#20 | トップページ | 『MINORIYT』完成 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/2427383

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の『パーマン』界総括:

« 『ドン・チャック物語』#19#20 | トップページ | 『MINORIYT』完成 »