« ぴかコミパーマン3巻 | トップページ | 今年の『パーマン』界総括 »

2004.12.29

『ドン・チャック物語』#19#20

#19 「わるいわるい大ダヌキ」

 チャックとララは落ち込んでいるカチンコに出会った。ラッパ狼のラッパを壊して追い出されたのだ。失意のカチンコは森で、大ダヌキを見かける。大ダヌキはララの家に上がり込んで好き放題。ザワザワ森の所有者だと言い張る大ダヌキは、洞窟の壁に掘られた証文を見せる。村人たちはしぶしぶ大ダヌキに従うことに。
 チャックは何とか大ダヌキを追い出そうとするが強すぎる。そこにカチンコがやってきた。大ダヌキが洞窟で証文を彫っているのを見たカチンコは、チャックと協力することにする。チャックが差し入れをして疑われた後に、大ダヌキに笑いキノコを差し入れるという作戦だ。作戦は成功し、カチンコはラッパと仲直りした。

 この話では、チャックは「カチンコさん」と呼ぶ。
 「ドン・チャックといっしょに」マイナーコードのBGMが流れる。

#20 「ぼくとパパの歌」

 家で遊んでいて、アリストテレスの描いた絵を破いてしまったチャック。絵を隠して難を逃れようとする。
 夕方帰宅したチャックに、アリストテレスは見つけた絵を見せて問いつめようとするが、大げんか。チャックは「僕よりも絵の方が大事なんだ」と叫んで飛び出してしまう。
 心配したララたちはチャックを捜すが、見つからない。チャックはラッパの家にかくまわれていたのだ。
 チャックはトンガリ山に登るという。ママに声が届く場所に行きたかったのだ。自殺するのでは無いかと心配になったラッパは必死に止めようとするが、いうことを聞かない。事情を聞いたアリストテレスたちも駆けつけるが、山肌は崩落しかかっている。アリストテレスは決死の覚悟でチャックを迎えに行き、二人は和解した。
 「謝る勇気を持った子供になって欲しい」という父の願いは子に通じたのだ。

 ララのママの名前が「クリスチーネ」だと分かる。
 この回のラッパは兄貴分らしくかっこいい。

|

« ぴかコミパーマン3巻 | トップページ | 今年の『パーマン』界総括 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/2409984

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』#19#20:

« ぴかコミパーマン3巻 | トップページ | 今年の『パーマン』界総括 »