« 『ドン・チャック物語』#05#06 | トップページ | ポップン10発売 »

2004.11.16

「ともしび」を聞く

 「ともしび」というのは、原作「バード星への道」で、ミツ夫がミチ子への別れの歌として捧げたロシア民謡である。もちろん、ミチ子にはその真意は届かないのだが。
 この「ともしび」、歌詞は知っていたのだが、初めて歌を聴くことができた。NHK-FMの「昼の歌謡曲」でダーク・ダックスが歌っていたのだ。これは昭和31年に大ヒットしたそうで、当然藤本先生は聞いていたのだろう。
 哀愁あふれる曲調で、遠くへ戦いに旅立つ若者と、それをひっそりと見送る娘の思いにはせる歌詞。ミツ夫がミチ子に捧げたくなったのも分かろうというものだ。しかし、これを小学五年生が歌うというのは確かにギャグである。

|

« 『ドン・チャック物語』#05#06 | トップページ | ポップン10発売 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/1974842

この記事へのトラックバック一覧です: 「ともしび」を聞く:

« 『ドン・チャック物語』#05#06 | トップページ | ポップン10発売 »