« 『ルーム・サービス』観劇 | トップページ | 『スーパービックリマン』初視聴 »

2004.10.31

『ドン・チャック物語』#01#02

 楽しみだった本作をいよいよ視聴。したのはいいのだが、放送マスターが完全ではないそうで、お断りのテロップが出ていた。ナックは『まんが水戸黄門』もそうだったな。
 CMで流れていたのOPは「空いっぱいの夢」の方だったので、これが初代OPだと勘違いしていたのだが、正しくは76年からの第2シリーズOP。ということは、続けて流してくれると信じたい。今回は「ドン・チャックといっしょに」が流れた。
 両シリーズのサブタイトルについては、allcinema ONLINEが詳しい。ただし、ここの『ドン・チャック物語』は野崎貴美子がララ役だと表記されているが、実際のテロップにはない。『(新)ドン・チャック物語』では、ミミ役で表記されているので、こちらが正しいと思われる。今回ミミは登場しないので確認できなかった。テロップには1枚目に落合美穂の名がある。ララがやたら色っぽい声で、驚いたのだが、『破裏拳ポリマー』の南波テル役と知って納得。彼女が初代ララ役で間違いないだろう。ちなみに二代目は横沢恵子。

 ここから本編の感想。
#01「ママを探して大冒険」
 ジャブジャブ川を下るとお菓子の城があるとラッパたちに吹き込まれたコン太は、「ママが川下の町にいる」とチャックをそそのかし、いかだを作らせる。パパは「ママは死んだんだ」と言い聞かすが、チャックは納得できない。結局川下りは失敗するが、チャックはママがいなくても周りに素晴らしい人がいると思うのだった。

 この話のかき回し役、ラッパことラッパ狼が早速登場。当時も思っていたが、定職にも就かずふらふらしているごろつき青年というところか。その子分が狸のカチンコ(今回は名前は出ない)、彼らにあこがれてひっついているのがキツネのコン太。彼はチャックと同年代だ。コン太役の雷門ケン坊は、そのインパクトある名前で、声優というものを意識していなかった私にも強く残っている。

#02「ザワザワ森の仲間達」
 熊のダイゴのママが病気になった。薬になるというハチミツを探すのに協力するチャック。しかし、折角他に入れたハチミツをラッパたちが盗んでしまう。しかし、ラッパが逃げ込んだ小屋が火事になってしまう。命がけでラッパを救出したダイゴを見て、チャックはダイゴを見直した。

 ダイゴ役の黒須薫は、女声が強くてまだまだ。医者のメエ先生が初登場。
 シンセサイザーオンリーのBGMが多く、低予算を感じさせる。

 EDテロップはどちらも同じ。流用かな?

|

« 『ルーム・サービス』観劇 | トップページ | 『スーパービックリマン』初視聴 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/1820633

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』#01#02:

« 『ルーム・サービス』観劇 | トップページ | 『スーパービックリマン』初視聴 »