« 『ムスメット』#01感想 | トップページ | ムスメット#02 »

2004.10.09

『ドン・チャック物語』と私

 AT-Xで『ドン・チャック物語』の宣伝が始まった。流れるOPを聞いたのは何年ぶりだろうか。今回の放送は1975年版で、1973年版(訂正、1976年版。叙情的なのもこちら。詳しくはこちらで)
より叙情的な曲になっている。私にはこちらの方がなじみ深い ドン・チャックは後楽園ゆうえんちのマスコットで、子供時代のアルバムには、後楽園ゆうえんちで「ドン・チャックショー」を見ている写真が残っている。この時おみやげで買ってもらった指人形セットも思い出深い。チャックの家は父子家庭、ヒロインのララの家は母子家庭。同じビーバーなので、事情を知らないものが指人形セットを見たら家族だと誤解するだろう。

 アニメはテレビ東京の朝の再放送で幾度となく見ているが、はっきりと覚えているのは#26「ザワザワ森の日食」。チャックの父、アリストテレスは作家で、引っ越してきたよそ者ということもあり、村人に受けが悪い。日食には害はないと必死に訴えるが、信じてくれない。
 録画保存しにくい時間帯なのが残念。日曜の最終放送しかないな。

|

« 『ムスメット』#01感想 | トップページ | ムスメット#02 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ドン・チャック物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/1634181

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドン・チャック物語』と私:

« 『ムスメット』#01感想 | トップページ | ムスメット#02 »