« コミックテイストフィギュア『ドラえもん』第三弾 | トップページ | 『ミルモでポン!』に三輪さん »

2004.08.02

『ムスメット』は『パーマン』を目指す?

 - animate.tv - ATVニュースに、興味深い記事が載っていた。 『流星戦隊ムスメット』という新作アニメのスタッフインタビューだ。
 娘がヘルメット被るからムスメット、ってベタだなー。というお約束はともかく、スタッフは『パーマン』を意識して制作したそうだ。監督のきみやしげるはこう語っている。

>以前、演出の方で『パーマン』に参加していたので、その女の子版に関われて嬉しい限りです。
>今回はカット割等をわざと古臭く作っているんですが、そういった中に古き良き「昭和の匂い」を
>感じ取っていただけると嬉しいですね。分かる人には分かるネタを色々盛り込んでいますよ!

 確かに、きみやしげるは「木宮茂」名義で、83年版『パーマン』の演出、絵コンテに参加している。「パーマンセットの値段」とか、「本日開校パーマン塾」とか。当時の若手スタッフが現在も活躍しているのは嬉しい限りだ。ここはひとつ、スミレよりもパー子萌えという『パーマン』ファンの期待に応えるような作品を期待している。個人的にはゲストでいいのでパーマン声優を使って欲しいな。


|

« コミックテイストフィギュア『ドラえもん』第三弾 | トップページ | 『ミルモでポン!』に三輪さん »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

コメント

ワンダーファームちゅう会社は、藤子作品のおいしいとこどりしてた訳だ。なるほど。
次は何で攻めてくるのだろうか。

投稿: ぱあろく | 2004.08.10 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/1108432

この記事へのトラックバック一覧です: 『ムスメット』は『パーマン』を目指す?:

« コミックテイストフィギュア『ドラえもん』第三弾 | トップページ | 『ミルモでポン!』に三輪さん »