« 「僕は泣かない」 | トップページ | それなら私は小姑か »

2004.07.13

来年のパーマン映画はどうなる

 既にあちこちで報じられているのでご存じの方も多いだろうが、来春の映画ドラの休止が公式サイトで発表された。
 空いた春の映画枠はどうなるのか。というのがまず気になる。ZAKZAKの記事では、スタッフの入れ替えも検討しているとのこと。そうなると、現在『パーマン』と兼任している渡辺歩が筆頭に上がる。今回の映画で、「そのうち分かる」とバードマンに言わせている以上、ここでパーマンを終わるわけにはいかないだろう。
 そこでだが、いっそ90分使って『パーマン』完結編を作るというのはどうだろう。それなら渡辺監督も心おきなく映画ドラに専念できるし、東宝も映画枠が空かないで済むし。
 なんてここで書いてても、おそらく制作サイドでは何らかの決定が下されているんだろうな。監督交代だけはお願いだから止めて欲しい。私は渡辺歩版としての『パーマン』の結末を見たいのだ。

|

« 「僕は泣かない」 | トップページ | それなら私は小姑か »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/955639

この記事へのトラックバック一覧です: 来年のパーマン映画はどうなる:

» 2005年春のドラ映画休止 [はなバルーンblog]
 来年春の映画ドラえもんは無し。色々と思うことはあるが、真っ先に考えたのは、やはり藤本先生没後の製作体制に無理があったのかと言う事。藤本先生が描いていても、後期... [続きを読む]

受信: 2004.07.13 21:32

« 「僕は泣かない」 | トップページ | それなら私は小姑か »