« 「いつか冷たい雨が」 | トップページ | 来年のパーマン映画はどうなる »

2004.07.12

「僕は泣かない」

『緊急指令10-4・10-10』#15「僕は泣かない」
 今までホームドラマチャンネルの放送を見ていても、あまり面白みを感じなかったのだが、今回の話は印象に残った。
 電波特捜隊が保護した少年、マコトは継母に虐待されていて、生みの母を探しているという。代わりに電波特捜隊が母を捜すこととなった。ようやく見つかった母は再婚しており、再会を断る。どうしても真実を告げることができなかった隊員たちは、母は見つからなかったとマコトに説明する。しかし、そこに生みの母がタクシーで駆けつけてくる。いったんは母を拒否するマコトだが、立ち去る母を追い掛け、二人は抱き合う。

 超自然現象や怪人がメインのテーマとなることが多い本作だが、今回は普通の探偵物の雰囲気。複雑な事情を抱える生みの母やマコトの演技が印象に残った。虐待のシーンなど、現在ではより身近に感じられるようになってしまったのが痛々しい。ラスト数回はこういう雰囲気の作品が多いそうで、楽しみになってきた。


|

« 「いつか冷たい雨が」 | トップページ | 来年のパーマン映画はどうなる »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/949332

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕は泣かない」:

« 「いつか冷たい雨が」 | トップページ | 来年のパーマン映画はどうなる »