« 「悲しい対決」 | トップページ | 安原さん『MONSTER』出演 »

2004.06.07

渡辺歩を無視するなんて

 『ぼくドラえもん』を引き取りに行った本屋で、『STUDIO VOICE』が日本アニメを特集していたのでチェックしてみる。
 あれだけある作家紹介の中に渡辺歩の文字がどこにもない。今の日本アニメを語る時、まずスルーできない人物だと私は考えていたのだが。同じシンエイからは、水島努と原恵一が取り上げられているのがなおさら複雑な心境。
 『ぼくドラえもん』はジャイアン特集。なかなか楽しめたが、野球界のジャイアンとして取り上げるべきは、清原じゃなくてファイターズの藤島正剛だろう。実際に「ジャイアン」と呼ばれているし。

 テアトル・エコーから、安原さんの出演する舞台『星逢井戸命洗濯(ほしあいのいどいのちのせんたく)』のDMが届いた。今回は、作者の岡本螢の処女作である『半変化束恋道中(はんばけおたばこいのみちゆき)』との連続上演とのことで、こちらにも出演するのかが気がかりだったのだが、出演はなかった。久々に熊倉、納屋、安原のそろい踏みが見られるので楽しみだ。

 テレ朝チャンネル『エスパー魔美』、「学園暗黒地帯」の感想を書き忘れたので書いておこう。佐倉十郎役の増岡弘の熱演が印象に残った。過去の日本にも言論の自由がなかった時代があったことを魔美に語るシーンだ。あれはご本人の気持ちも同調してるんだろうな。

  KinKi Kidstの「ね、がんばるよ」が「きてよパーマン」とイントロがそっくりだというのを以前聞いていたのだが、今日初めて聞いて納得。タイトルが分かる前からピンときた。ちなみに、作曲はドリカムなので、ドリカム側が「きてよパーマン」を意識したのか気になる。

|

« 「悲しい対決」 | トップページ | 安原さん『MONSTER』出演 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「パーマン」カテゴリの記事

「安原義人」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「藤子不二雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6040/730240

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺歩を無視するなんて:

« 「悲しい対決」 | トップページ | 安原さん『MONSTER』出演 »