« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.29

tpt『かもめ』観劇

 ベニサン・ピットで上演中の舞台『かもめ』を見てきた。安原さんがソーリンという老人を演じている。
 『かもめ』というのはチェーホフの古典作品で、日本でも様々な形で上演されているが、私はもちろん初めてである。 劇場の「ベニサン・ピット」は、下町の小劇場で、『パトレイバー1』に出てくるような路地を通り抜ける目になった。
 ロビーに入った瞬間、「安原義人さんへ」と書かれた花が目に飛び込んだ。贈り主は、『イーストウィックの魔女たち』で夫婦役で共演した大浦みずきさん。私の中で、株が急上昇した。
 劇場の中は黒一色で、スタジアムのS席に使われているようなざぶとん付きの椅子がしつらえてある。常連らしき客は、マイざぶとんを持ってきていた。

 以下ネタバレ

 演出家が新しいスタイルで翻訳、演出を行っているため、キャストの服装が普段着に近かったり、セリフも日常会話と変わらない雰囲気になっていた。例えば、安原さんは白地にストライプのスーツ姿だったが、19世紀末のロシアということを考えると、おそらく考えられないスタイルだ。
 舞台は三角形の中央に掘り炬燵のようにくぼみがあるという独特なもの。仕切りは赤い幕一つで、前後左右中央上空と動き回る。
 ストーリーの感想としては、女性の強さ、男性の卑屈さが好対照だった。安原さんのソーリンは、病気がちで療養中だが、退屈な田舎暮らしに飽き飽きしているという設定。後半では車椅子姿で、いつ亡くなるかと正直はらはらした。ラストは別のキャラが亡くなるという悲劇的な結末だが、作者のチェーホフは「喜劇」としてこの作品を記している。その深遠さが古典として今も上演され続けている理由なのだろう。
 安原さん以外では、やはり佐藤オリエの存在感が際だっていた。天性の女優とは、こういう人のことを言うのだろう。


 舞台終了後、安原さんを楽屋に訪ねた。差し入れをしながら、少し話をすることができた。『暗い日曜日』の次は、所属のテアトル・エコーの舞台が決まっているということだ。
 「今年の映画のバードマンは昔と同じで感激した」と言ったが、ご本人は昔の声を思い出せないようであった。無理もない。毎日のように20年前の作品を見ている私が変なのだ。
 舞台が続くということで、声のお仕事の方は難しそうだが、どんな形でも活躍していただければありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

「リスナー尋ねて三千里in水戸」

 『青春ラジメニア』のイベントとして不定期に行われる「リスナー尋ねて三千里in水戸」に行ってきた。
 私は前日帰省したので、ラジメニアは録音である。ナイターで時間がずれないからこそできる技だ。
 岩ちゃんに、『パーマン・ザ★ベスト』を購入したことを確認。すると、隣のかおりんが、「あの面白い歌ね」という相槌を打った。どうやら『Pa-Pa-Paザ★ムービー・パーマン タコDEポン! アシHAポン!』を見ているらしい。ちょっとびっくり。
20040328-1449.jpg
 帰宅してから、田中公平さんがゲストの今週の『青春ラジメニア』を聞く。平成版『パーマン』の劇伴、若草恵さんの名前をずっと「めぐみ」と間違って覚えてたことを知った。正しくは「わかくさけい」。
 ここでも、かおりんが映画を見てきたことを喋っていた。先に聞いてたらもっと突っ込んだ感想を聞けたのに、惜しいことをした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

字幕版『パーマン』鑑賞

 録画していた「住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー」#7「栗華の夢でドッコイ」を見た。番外編ならではの野心作で、「胡蝶の夢」という言葉を思い出させた。子供モードの朝香を見てサリー・プテラナハのイメージに似てると思ったり。で、余韻に浸っているところに次回予告「妹LOVEでドッコイ」で腰砕けに。ま、これも面白いそうなので期待するか。

 去年に引き続き、今年もパーマンとドラえもん映画の字幕版を鑑賞してきた。聴覚障害者向けに制作されるもので、持ち回りで各地を巡業する。もちろん、障害者でなくても、セリフの視認ができるので、新鮮な気持ちで楽しむことができる。以下、気になったことを列記。
・「ヘコ!」最初のコピーパー子は無視、二回目は表記。
・オクトのセリフは忠実に再現していたが、「タコちゃん」は「ターコちゃん」と書いて欲しかった。
・2号の「ウッキー」は「ウイッキー」と表記。違和感バリバリ。サルたちのシーンは雰囲気の説明が中心。
・バードマンの転覆シーン、セリフが聞き取れなくて気になっていたのだが、「ゴボゴボゴボ」と表記。

 見返してまたもミスを発見したので、感想の小ネタをこっそり修正。

 一番気になっていたのはほとんどBGMで話が進む25周年記念ムービーだったが、擬音等の説明に留まった。
 字幕だと、同じ比重で別々のキャラが同時に語っているシーンの処理が追いつかず、片方しか表示されないのが残念だ。
 『のび太のワンニャン時空伝』、しっかり見たのは二回目だが、「YUME日和」が流れると涙腺に反応するようになっていて自分でもびっくり。先日島谷ひとみのベストアルバムを買って聴き倒していた影響らしい。なぜシングルではなくこっちを買ったのかというと、「ペルセウス」も欲しかったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

不器用なコーイ博士

 『ゼントリックス総集編』、1.2とも無事放映された。
 コーイ博士が仲間になる下りと、アキナとの仲直りのシーンは初見である。特にアキナとの会話、照れくさいのを隠しながらおずおずと切り出す下りは、さすが安原さんという演技だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

ゼントリックス順延

 国会中継が入ったため、今日のゼントリックスはお休み。明日放送される。
 今日のテレ朝チャンネル『パーマン』は289話「バードマンの忘れ物」。話は文句なしに面白いが、作監が山下征二なのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

『ゼントリックス総集編』

 明日からBS2で始まる『BS春休みアニメ特選 時空冒険記ゼントリックス』。DVD化も流れてしまった今、安原さんのコーイ博士を聞くことができるのはこれで最後かも知れない。登場回は見逃しているので、私も楽しみだ。
 『ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト2004 ~パワッチ!パーマン1号も参上!! ~』に行ってきた。会場のTOHOシネマズ川崎で「どこでもスイング パーマン」を発見し、一発でバードマンを引き当てて興奮。知り合いに白い目で見られる。
 詳細はMISTTIMES.com Blogで。
 イベントで三輪さんは「今年のテーマは『パーマン』、『ドラえもん』ともに『約束』」とおっしゃっていたのが一番印象に残った。生でEDも歌ってくれたし。あと、ハート柄のセーターはバードマンのアロハに引っかけたのか、と邪推したり。
 『タコDEポン アシHAポン』三度目の鑑賞で間違っていた部分を多数発見したので、あらすじを修正。感想を追加。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.20

ようやくドロンマを見た

 録画してた友人のお陰で、ようやく『金色のガッシュベル』#46を見ることができた。安原さんがドロンマをやった回だ。キャラの顔と、キャラクターが悪人だけど人情味あふれるキャラということでの起用らしい。
 っていうかドロンマ、人間としてはあり得ない位置に鼻の穴があるのだが、あの世界では人外キャラが当たり前に暮らしてるようなので、深く詮索しないでおこう。
 ドロンマだけではなく、干し草屋のお兄さんも兼ね役している。
 『ガッシュベル』は初見だが、話も面白かったし、回想シーンが適度に入っていたので、ウマゴンのキャラも理解できた。原作ではガッシュベルは出てこないそうだが、見ていて違和感なかったし。「これあげるー」とか。
 特に気に入ったのは、リアカーでGO!のシーン。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

四月からのシンエイアニメシアター

 テレ朝チャンネルの四月からの放送予定が、サイトにアップされた。
 予告通り、『パーマン』『忍者ハットリくん』『ガタピシ』は一話からの再スタート。『怪物くん』『美味しんぼ』『チンプイ』『エスパー魔美』が変則で帯枠に入り再スタート。
 土日は別編成で、『オバケのQ太郎』は一話からの再スタート。『チンプイ』『エスパー魔美』『ウルトラB』『フクちゃん』『つるピカハゲ丸くん』はファボリのスケジュールを引き継ぐ。
 シンエイアニメシアター枠は二時間、一日四回放送に変更。二週間で一巡というスケジュールは変わらず。つまり、『パーマン』は週5日になったわけで、ますます完結は遠くなった。週末の『オバQ』が一日三話放送なので、こっちの方が進みが早いではないか。
 救いと言えば、時間割が以前より緩やかになったので、『ハットリくん』ワイド枠にも対応できるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

映画あらすじ更新

 とりあえず、映画『Pa-Pa-Paザ★ムービー・パーマン タコDEポン! アシHAポン!』のあらすじをアップした。感想はこの次の更新でアップする予定だ。
 安原さんの舞台新作が明らかになった。「暗い日曜日」という作品で、安原さんのキャストは分からないが、上演期間が短い上に高い。見るのも大変だ。
 一方、今月末から上演される『かもめ』、オフィシャルの写真を見る限り、かなり役を作ってそうで期待大。主役の佐藤オリエとは『パパに乾杯』以来、チェーホフ作品は『くしゃみ』以来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

ゲームブックの伝承

エキサイトニュース総合研究所「エキニュー総研」
忘れじの80'sカルチャー
「ゲームブック」が復活の兆し!?

 噂には聞いていたが、めでたくゲームブック復刊にまつわる記事が発表された。これを読めば初心者でも理解できる、と思われる。

 私も当時のゲームブックブームの洗礼を受けた一人である。最初にプレイしたのは記事にもある『グーニーズ』。好きな作品はいろいろあるが、記事に載っていない本から挙げてみる。「ファミコン冒険ゲームブックシリーズ」の『ドラゴンクエスト』。文章も面白く、人にゲームブックを薦める時にも利用させてもらった。
 現在も大量の本を所有しているのだが、サイトにあるような本格派の作品は後回しにしていたため、結局プレイしていない。『ソーサリー』シリーズ、『ドラゴンファンタジー(グレイルクエスト)』シリーズ、初期の『ファイティングファンタジー』シリーズ、『ドルアーガ』シリーズなどが語れる程度か。それとは別に、大量に出ていた他社作品は、手広くプレイしていた。「老後の楽しみ」と称して隠匿しているが、ひょっとしたら一生プレイすることはないかも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09

ささやかな夢が叶った日

 ラナタウンから通販した「プチ・クリップ パーマン」が届いた。早速バードマンを携帯に装着。
 携帯ストラップが流行り始めた頃、バードマンのストラップがあったらいいのに、と思ったものだが、映画のお陰で見事夢が叶ったわけだ。
 『ガッシュベル』も録画してた友人のお陰で見れそうだし。
 映画特集ページについては、あらすじ(ほぼノベライズ)から取りかかろうと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.06

『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン アシHAポン』

 大人ドラオールナイトと日劇初日のハシゴをした後、安原さん出演の『かもめ』チケット購入、帰宅して爆睡。
 というわけで、サイト更新は明日以降です。
 パーマン感想は、ネタバレもあるので後日サイトでゆっくりと。とりあえず、絵は完成してるのでご安心を。ストーリー的には相変わらずつっこみどころが多かったが、楽しかった。バードマンファンとしてはラストのカッコは嬉しいやらびっくりやら。また新しい技使ってるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »