« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

2004.02.29

『金色のガッシュベル』#46

「メルメルメ~!ウマゴン危機一髪!?」に安原さんがドロンマ役で出演。おそらく『きこちゃんすまいる』の怪盗ラパン系の演技ではないか。私は見逃したが、これから放送する地域も多いので、チェックできる方はぜひ。
 AT-Xの『まんが猿飛佐助』、歌詞にテロップがついたのはいいけど、EDの「佐助飛べ」を「飛べ佐助」と書いてたり、かなりいい加減。
 ついでに今日の『トライダーG7』「常務は父親一年生」、養子役の松尾佳子がうますぎ。マルコもそうだけど、ひねくれてるけど愛に飢えている役柄を演じさせたら日本一かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マシーンブラスター』再放送決定

 AT-Xから来たメールで、4月から『ブロッカー軍団IVマシーンブラスター』が再放送されることを知り、「よくやった!」という気持ち。これで、安原義人レギュラーのロボットアニメが全部手元に揃うことになる。時間帯も録りやすそうだ。
 ラジメニアでも「キミらしいまま」がかかって一安心。このタイミングというのが岩ちゃんらしいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

今年も生三輪さんに会える!

 映画公式ページで告知されていたが、今年も『ジャイアンとスネ夫のスペシャルナイト2004 ~パワッチ!パーマン1号も参上!! ~』が開催される。今までの市川コルトンシネマではなく、TOHOシネマズ川崎だ。個人的には行きやすくなるので賛成なのだが、チケット争奪戦にならなければいいのだが。
 発売は2/28から。ネットでも販売される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『パーマン ザ★ベスト』

 アマゾンで注文したのが一日遅れで届いた。とりあえず、今度の映画のED「タコ DE ポン! アシ HA ポン!」を視聴。(作詞 斎藤謙策 作曲・編曲 ジャック・伝ヨール……って誰やねん)
 ははぁ……これは、「ポコニャラ音頭」系列の歌だね。三輪勝恵の歌唱力は問題なし。ま、去年のポップン10の「きてよパーマン」新録も違和感なかったし。ドクター・オクト役(実際の役名はドクトル・オクト)の広川太一郎も合間合間にしゃべくっている。
 なお、「タコ DE ポン! アシ HA ポン!」シングル版は出ないようなので、入手したい人はこのアルバムを買うしかない。映画館でも売られるだろう。
 なお、収録は歌のみで約38分。最初はアルバム収録のドラマも入れると謳っていたはずだが、結局収録されなかった。「パーマン登場」はともかく、完全オリジナルの「パーマンミニ百科」は入れて欲しかった。歌の方でも、他社音源の「パーマン2号はウキャキャのキャ」や、「パーマン音頭」のレコードに入っている「お話し~パーマンのえかきうた」(三輪勝恵のトーク入りカラオケが入っている)、オリジナルのカラオケなど、入れて然るべき音源はいくらでもあったはず。
 結論。アニソン者としてはまだまだ甘いが、裏表紙の帯にバードマンを入れてくれたのに免じよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.24

パーマンフィギュア発売

 MACARONI-BLOGによると、メディコムトイからパーマンフィギュアが発売されるそうで。写真を見る限り、シンエイ版の時の藤本先生のキャラ表がモデルのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.20

『男泣きアニメ劇場』

 やはり、『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』のEDは放映されなかった。あのCGスミレは不評の声の方が高かったから、別にいいか。
 『ぼく、ドラえもん』を引き取りに行った本屋で、『新映画宝庫VOL.8 男泣きアニメ劇場』というムックを見つけて購入。「藤子アニメで男泣き編」として、藤子アニメ映画に一章が割かれている。『ハットリくん+パーマン』がこんなに紹介されている本は初めてだろう。藤子アニメファンなら必携。と書きたいところだが、アマゾンでも売り切れだ。私の買った本屋でも一冊しかなかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.19

映画『パーマン』地上波初登場

 いよいよ明日、『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』が地上波で放映される。録画は当然として、チャンネルを合わせた一般視聴者の感想が楽しみだ。
 『まんがくらぶオリジナル』、今月号の『プー一族』にあったプッシュホンネタ、思わずうなずいてしまった。うちの電話機も、スカパーカスタマーセンターに電話すると、いつも正しい番号を押しているのに受け付けてくれないのだ。今では、ネット上で手続きをしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.18

パーマンプチマスコットを探せ

 今年もセブンイレブンで、映画タイアップキャンペーンが始まった。今年のボトルキャップはドラのみ。『パーマン』関連グッズは、「ドラえもん・パーマン お風呂でポン」と、「パーマン プチマスコット」が販売されている。「お風呂でポン」は別ルートで予約してあるので、とりあえず「パーマン プチマスコット」に全力を注ぐことにする。ところが、これが見つからない。ようやく、普段行かない店で発見して確保。ノーマルは揃ったが、シークレットは見つからなかった。パッケージは中身が分からないが、マスクは合皮製なので、パーマンキャラとその他のキャラのサーチは可能かと思われる。
 とか言いつつ、「お菓子CD」「コミックテイストドラ」もほとんど手元に揃ってたり。ウエハースはとりあえずパス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

『銀河鉄道物語』今夜放映

 安原さんがゲストで出た「セクサロイド」が、フジテレビで明日午前02:55-03:25に放映される。
 AT-Xで『ボンバーマンジェッターズ』14話を見たのだが、ヒゲヒゲ団メインの完全な番外編。ナレーションの屋良有作も『銀英伝』のパロディで締めるし。しろボンがヒゲロボになってるEDでとどめを刺されてまた大笑い。放映日が年末だったからできたらしいが、こういうのを見たのは『赤ずきんチャチャ』以来だな。
 『トライダーG7』も二話とも面白かった。33話は敵メカがビューナスAのような美女ロボット。口元が特にセクシーだった。34話はワッ太が高熱を押して出動するシリアス話。それにしても表情が険しすぎると思ったら、作監は金山明博だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

YOU ARE MY REASON TO BE~愛は瞳の中に~

 『青春ラジメニア』のデュエット特集。私が最初にリクエスト候補に上げたのも、この曲と「幸せのドア」だった。ラジメニアでこの曲を知ったと思うのだが、2001年にかかっているので敬遠して全くかかってない別の曲をリクエストしたのだ。『るろうに剣心』キャラソンの「2 Of A Kind!」。特集を振り返ってみると、結構新しめの選曲が多かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パン粥の宇宙」

 AT-Xで録画していた『住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー』をようやく視聴。悪の博士キャラが緒方賢一なのがザ・ジズゼゾを思い出させて非常にいい。しかも、お手伝いロボットが萌えるお姉さんに変形するとは。Pマンもこれくらいの技を使えば映画に出れたかも(ないって)。
 「パーマニアの指定席」、久しぶりにパロディ小説を更新した。バードマンの子供時代の話なので、ほとんどパーマンと関係ないのが一番の弱点である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.14

来週まで待てない

 テレビ朝日のドラ公式サイトにも、来週の映画パーマンの紹介が載った。
 今週の『ドラえもん』は安藤敏彦演出の「お好みルームカタログ」。「こっそりおじゃまします」のジャイスネが良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

『ロストワールド3』

 第60話「疑惑」SUSPICION
 安原さんゲストとの情報を得て視聴。シリーズ物のせいか、ストーリーがいまいち分からなかった。安原さんはハミルトン役。取り憑かれたり正気に戻ったり、忙しい役だった。

 今週号の『ザ・テレビジョン』、映画パーマンを大きく取り上げていてうれしい限り。月刊誌の時も思ったのだが、絶対編集部にファンがいるでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.09

オールナイトチケット狂想曲

 年々売り切れが早くなる「大人だけのドラえもんオールナイト」。冷静に考えてみれば、藤子アニメで育った世代は年々増え続けているわけで、今更逆戻りはできないのだろう。しかも、今年は『電子チケットぴあ』でも売り出される。売り切れ時間が早くなるだろうと予想してはいたが、甘かった。10時10分過ぎに順番が回ってきた時には既に売り切れ。結局、知り合いのつてで入手することができた。
 舞台挨拶の都合等で、スクリーンを2つ使うのが難しいのは分かるのだが、何とかならないのだろうか。私も『パーマン』が上映する間は参加し続けたい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.02.05

ファボリよどこへ行く

 20日のドラSPのタイトルがTV雑誌に掲載されていたが、「ドラえもん映画3月6日公開記念!見てよ!『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』SP」だそうで。「きてよパーマン」とのひっかけですか。
 ここ数日藤子ファン界を騒がせている『ファボリTV』リニューアルの話。今まで放送してきたシンエイアニメもリセットして放送し直すという話が出ていて、開設当時からの視聴者としては納得できない気持ちだ。
 何より辛いのが、『パーマン』全話コンプリートまで後少しだったこと。今放送しているのは200話台の後半だが、300話台の始めに未見の話が集中していた。特に、331話「消えた円盤」は、バードマンが須羽家で留守番する話ということで、楽しみにしてたのだ。
 『ファボリTV』から『テレ朝チャンネル』になる際、シンエイアニメ枠も夜間に増設するということだが、それならいっそ、朝か昼の枠を現行視聴者のために使ってもらえないだろうか。
 と書いてたら、ファボリに出したメールの返事が来た。どうやら別立ては無理そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.01

『銀河鉄道物語』

#16「セクサロイド」
 BSFUJIの本放送でチェック。内容はこれから見る人が多いので伏せて置くが、ゲストとして安原さんが出演した。第一声を聞いた瞬間、「青春ラジメニア」に専念するために録画しておいた己の幸運を感謝したことは言うまでもない。
 安原さんが演じるのは「大山敬」というキャラ。博多弁で喋るのだが、ひょっとして『X電車で行こう』以来?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »